本文へ
表示モードの切替
印刷

農業の全国大会!群馬の高校生大活躍

 全国の農業関係高校4,000人の生徒が集まり、研究成果を発表したり、知識や技術を競ったりする「日本学校農業クラブ全国大会」の平成27年度群馬大会が開催されました。
 49年ぶりとなる地元での大会で、最優秀賞を飾った、群馬の高校生たちの活躍を紹介します。

大会式典の画像

 大会式典や、発表の実際の様子は、下記のページからご覧になれます。
 第66回農業クラブ全国大会ホームページ(外部リンク)

平板測量競技会 最優秀賞

勢多農林高校測量チーム

 現在は、機械で行われることの多い測量ですが、平板測量を行うには、原理を理解しておく必要があります。伊能忠敬の地図作成にも使われた技術です。
 同校の最優秀賞は、2年連続6回目で、全国最多です。メンバーは、自主的に工夫を凝らしながら、休みの日も練習に臨み、楽しみながら腕を磨いていました。

意見発表会(区分:文化・生活) 最優秀賞

父とともに! 中之条高校 星野人紀さん

 酪農家に生まれながら、パティシエを志す星野さん。自身の体験に、地域や世界の現状分析を交えながら、希望あふれる夢を語りました。
 将来は、実家の牛乳や地域の食材を活かしたお菓子作りを通じて、北軽井沢の活性化を目指します。

プロジェクト発表会(区分:文化・生活) 最優秀賞

アワバタダイズで町おこし 勢多農林高校 植物バイオ研究部

 神流町に根ざす高品質な「アワバタダイズ」に着目した町おこしについて、パワフルな発表を行いました。
 栽培の拡大と、アワバタダイズを加工した「奥多野みそ」の特産品化に成功した同研究部は、現在、伝統農具を活用した農村体験型観光を推し進めています。

教育ぐんま平成27年度3学期号のページに戻る

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4526
FAX 027-243-7786
E-mail kisoumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。