本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんま少人数クラスプロジェクト

1 趣旨

少人数学級編制や少人数指導を中心に、学年の発達段階に応じた指導体制を充実させることにより、児童生徒の学習習慣や基本的な生活習慣の確立を図り、基礎学力の定着を目指す。

2 方針

  • 小学校低学年30人以下学級、中学年35人以下学級、高学年40人以下学級といった「ぐんま方式」の学級編制により、スムーズな学年移行の中で発達段階に応じた適切な指導を行い、児童の基礎学力の定着や社会性の育成を図れるようにする。
  • 中学校第1学年において、35人以下の少人数学級編制を行うことにより、中1ギャップを解消し、中学校生活によりよく適応するための支援体制を強化する。
  • 「ぐんま方式」の少人数学級編制を基盤としながら、学級の枠を変更した習熟度別学習や合同授業、教員の専門性を生かした教科担当制(小学校)等を推進し、きめ細かな指導を更に工夫・充実させ、学力の向上を図る。
  • 各学校に学力向上委員会を設置し、学力向上コーディネーターを中心に学力向上対策を工夫・実践することで、知識・技能を活用した課題解決を図る力を育成する。

3 少人数学級編制

(1) さくらプラン

  • 小学校第1・2学年において、30人以下の学級が編制できるように定数を配置する。
  • 小学校第3・4学年において、35人以下の学級が編制できるように定数を配置する。

(2) わかばプラン

  • 中学校第1学年において、35人以下の学級が編制できるように定数を配置する。

4 各学校の学力向上対策の推進

  • 学力向上対策を推進するための「学力向上のための特配教員」を配置する。

5 小学校における教科担当制の推進

  • 小学校における交換授業(一部)や教科担当制を推進する。

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局学校人事課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4594
FAX 027-243-7759
E-mail kijinji@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。