本文へ
表示モードの切替
印刷

令和4年度採用群馬県公立学校教員選考試験の配点及び選考基準について

1 第1次選考

1.第1次選考配点

【表1】第1次選考配点
募集区分 (1)一般教養・教職に関する科目(筆記試験) (2)専門科目(筆記試験)
(小学校教育・中学校教育・高等学校教育・特別支援教育・養護に関する科目)
(3)小論文
小学校・中学校教員 100点 200点 50点
高等学校教員 100点 200点 50点
特別支援学校教員 100点 200点 50点

養護教員
100点 200点 50点

※(4)総合((1)一般教養・教職に関する科目+(2)専門科目+(3)小論文+所有免許状及び所有資格による加点)

2.所有免許状による加点

 以下の普通免許状を所有する人(令和4年3月31日までに取得見込みの人を含む。)で、申込書「所有免許状加点制度の有無欄」に有を入力した人には加点をします。

【表2】所有免許状による加点
募集区分 出願区分・教科 所有する普通免許状 加点
1 小学校教員・中学校教員 小学校 「中学校」 10点
中学校 「小学校」 10点
2 高等学校教員 全て 「情報」 10点
地理歴史 「公民」 10点
公民 「地理歴史」 10点
3 特別支援学校教員   「中学校音楽」「高等学校音楽」「中学校美術」「高等学校美術」「高等学校工芸」のいずれか 10点

※高等学校教員については、複数該当する場合でも、上限を10点とします。
※小学校免許状と中学校英語免許状をともに有する人には、小・中両免許状を有する10点加点に加えて、さらに5点加点します。
※特別支援学校教員については、小学校・中学校・高等学校免許状の全てを有する人には【表2】の加点に加えて、さらに5点加点します。

3.所有資格による加点

 以下の資格を有する人で、申込書の所有資格加点の「希望欄」に有を入力した人には加点をします。

【表3】所有資格による加点
所有資格 加点
手話通訳士の資格を有する人又は群馬県手話通訳者認定試験合格者(取得見込者は不可) 10点
司書教諭の資格を有する人(取得見込み者は司書教諭単位修得(修了証書取得)誓約書を提出) 5点
基本情報技術者試験合格者(合格証書の写し又は合格証明書を提出) 5点
応用情報技術者試験合格者(合格証書の写し又は合格証明書を提出) 10点

4.第1次選考の基準及び方法

 第1次選考は、以下の(1)、(2)によりランク分けを行い、(3)のとおり選考します。

(1)ランク分けを行う種目

 (1)一般教養・教職に関する科目
 (2)専門科目
 (3)小論文
 (4)総合((1)一般教養・教職に関する科目+(2)専門科目+(3)小論文+所有免許状及び所有資格による加点)

(2)ランク分け

  • 種目(1)については募集区分ごとに、(2)、(3)、(4)については受験種別ごとにランク分けをします。
  • 種目(1)、(2)、(4)については【表4】のとおり、成績上位からA~Dの4段階でランク分けをします。
  • 種目(4)については、(1)~(3)の合計点に、所有免許状及び所有資格による加点を加えてランク分けをします。
  • 種目(3)については、絶対評価によりA~Dの4段階でランク分けをします。
【表4】ランク分け
ランク 受験者における割合
20%
30%
30%
20%

(3)選考方法

  • 種目(1)、(2)、(3)、(4)において、ランクDのある人を選考から除きます。その後、成績が上位の人を1次合格候補者とします。
  • スポーツ特別選考及び障害者特別選考については、(2)、(3)の合計点に所有免許状及び所有資格による加点を加えた合計点が平均点以上の人を1次合格候補者とします。

2 第2次選考

1. 第2次選考配点

【表5】第2次選考配点
募集区分(教科) 個人面接(※注1) 集団面接(※注1) (2)実技 実績(※注2) 総合
((1)+(2)+実績)
小学校・中学校教員 400点 200点 100点 100点 800点
高等学校教員(農・工・音・体・英以外) 400点 200点 なし 100点 700点
高等学校教員(農・工・音・体・英) 400点 200点 200点 100点 900点
特別支援学校教員 400点 200点 なし 100点 700点
養護教員 400点 200点 200点 なし 800点

(※注1)個人面接と集団面接の合計点を(1)面接総合とします。
(※注2)実績については、100点を上限として、その実績に応じて加点します。

2.第2次選考の基準及び方法

 第2次選考は、以下の(1)、(2)により、ランク分けを行い、(3)のとおり選考します。

(1)ランク分けを行う種目

 (1)面接総合(個人面接+集団面接)
 (2)実技

(2)ランク分け

  • 種目(1)、(2)については、受験種別及び教科ごとにランク分けをします。
  • 種目(1)については【表4】のとおり、成績上位からA~Dの4段階でランク分けをします。
  • 種目(2)については【表6】【表7】の得点区分により、A~Dの4段階でランク分けをします。
【表6】小中学校
ランク (2)実技 得点
A 75点以上
B 50点以上
C 25点以上
D 25点未満
【表7】高校 養護
ランク (2)実技 得点
A 150点以上
B 100点以上
C 50点以上
D 50点未満

(3)選考方法

  • 種目(1)、(2)において、ランクDのある人を選考から除きます。その後、成績が上位の人を2次合格候補者とします。
  • 障害者特別選考については、ランクDがない人を並べて、上位5名程度を2次合格候補者とします。

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局学校人事課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4593
FAX 027-224-8780
E-mail kijinji@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。