本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県公立高等学校入学者選抜に係る合理的配慮の例について

群馬県公立高等学校入学者選抜では、障害や病気等により、中学校等で配慮や支援を受けている方が受検する場合、検査等の公平・公正を確保した上で、必要な措置を講じています。
また、受検についての配慮を要しない場合であっても、入学後に配慮が必要な場合、実状に応じて、学校施設等に係る措置を講じています。

1. 入学者選抜に係る配慮の具体例

  • 問題用紙・解答用紙の拡大
  • 集団面接に代えて個人面接を実施
  • 検査時間の延長
  • 会場や座席の位置の変更
  • 補聴器、拡大鏡、車椅子等、補助具の使用
  • ICT等支援機器の活用 など

2. 入学後における配慮の具体例

  • 移動や日常生活を介助する人員の配置
  • 階段や段差の昇降を補助する手すりの増設
  • 障害に対応するトイレの設置
  • エレベーターの設置及び階段昇降車の整備 など

なお、上の1.及び2.に示したものはこれまでの事例であり、実際には、受検者や入学者の状況等に応じて個別に対応します。

トイレの写真
エレベーターの写真
階段昇降機の写真

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局高校教育課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4645
FAX 027-243-7759
E-mail kikoukou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。