本文へ
表示モードの切替
印刷

平成26年度「ぐんまふるさと納税」活用結果

ぐんまちゃんの画像 その1

 平成26年度は「ぐんまふるさと納税」に、94人の方から144件1,841,250円のご寄附をいただきました。あらためまして、厚くお礼申し上げます。
 お寄せいただいた寄附金は、皆様にお選びいただいた寄附メニューに合わせて活用させていただきましたので、ご報告致します。

 今後も、先人から受け継いできた「群馬の限りない可能性」を大きくはばたかせ、皆さんが誇りを持てる「ふるさとぐんま」を築くため、積極的な取組を進めて参りますので、引き続き、群馬県に対して皆様からの温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成26年度「ぐんまふるさと納税」申込状況等一覧
寄附メニュー 件数 金額
尾瀬国立公園の保護・適正利用の推進 27件 261,500円
世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」・ぐんま絹遺産の保存活用 22件 221,500円
「観光立県ぐんま」推進 24件 245,250円
ふるさとぐんまの子育て支援 17件 97,000円
豊かな水源・森林づくり 18件 195,000円
芸術・文化・スポーツの振興 7件 134,000円
県政一般 29件 687,000円
合計 144件 1,841,250円

尾瀬国立公園の保護・適正利用の推進

(件数:27件、金額:261,500円)

写真 登山道の補修
登山道の補修
写真 至仏山での植生復元作業
至仏山での植生復元作業

 尾瀬国立公園の西端に位置する至仏山は、高山植物の宝庫であり、日本百名山にも数えられ、多くの登山者に親しまれています。
 しかし、長年にわたる登山の影響により、登山道周辺の植生荒廃や裸地化などの問題が生じています。至仏山の保全は、尾瀬を守り続ける上で重要な課題の一つです。
 皆様からお寄せいただいた寄附金は、至仏山の荒廃防止対策として、登山道の補修や周辺の植生回復作業を行うための費用として活用させていただきました。

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」・ぐんま絹遺産の保存活用

(件数:22件、金額:221,500円)

写真 世界遺産とぐんま絹遺産
世界遺産とぐんま絹遺産
写真 富岡製糸場
富岡製糸場

 「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録を契機に、絹に関する遺産や文化への関心が高まっています。そこで群馬県は「群馬県世界遺産・ぐんま絹遺産継承基金」を設置して皆様からの寄附を積立て、「富岡製糸場と絹産業遺産群」をはじめとする「ぐんま絹遺産」の継承に資する事業に役立てています。
 皆様からお寄せいただいた寄附金は、この基金に積立て、世界遺産と「ぐんま絹遺産」の保存活用事業に活用させていただきました。

「観光立県ぐんま」推進

(件数:24件、金額:245,250円)

写真 ぐんま観光マップ
ぐんま観光マップ

 「観光立県ぐんまの推進」を掲げ、誘客に向けた取り組みを進めている本県の主要観光宣伝物である「ぐんま観光マップ」。県全域の地図と併せて、世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」、草津・伊香保・水上・四万などの温泉、高山植物の宝庫である国立公園「尾瀬」など、本県の主な観光地や施設などを掲載しています。
 皆様からお寄せいただいた寄附金は、平成26年度に22万部を発行し、さまざまな場面で群馬の観光PRに使用した同マップを作成するために活用させていただきました。

ふるさとぐんまの子育て支援

(件数:17件、金額:97,000円)

写真 児童虐待防止の願いを込めてオレンジリボンを結ぶ高校生
児童虐待防止の願いを込めてオレンジリボンを結ぶ高校生

 児童相談所や市町村における児童虐待の相談対応件数は依然として増加の一途を辿っており、児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題となっています。
 こうした中、県では、11月の児童虐待防止推進月間を中心に、オレンジリボンを児童虐待防止のシンボルマークとした「オレンジリボンキャンペーン」を実施しました。
 皆様からお寄せいただいた寄附金は、児童虐待問題に対する社会的関心を高めるための広報啓発活動に活用させていただきました。

豊かな水源・森林づくり

(件数:18件、金額:195,000円)

写真 条件不利地の間伐状況
条件不利地の間伐状況
写真 竹粉砕機を用いた竹林整備
竹粉砕機を用いた竹林整備

 県土の3分の2を占める群馬県の森林は、木材やきのこを生産し、豊かな水を育み、災害防止や二酸化炭素を吸収するなど様々な恵みをもたらしてくれます。
 皆様からお寄せいただいた寄附金は、県民の大切な財産である森林を守り育てるため、「ぐんま緑の県民基金事業」において、地理的、地形的な条件により林業経営が成り立たず放置されている条件不利な森林の整備や、地域の実情に合わせ、市町村やボランティア団体等が取り組む事業を支援するための費用として活用させていただきました。

芸術・文化・スポーツの振興

(件数:7件、金額:134,000円)

写真 展示風景1
展示風景1
写真 展示風景2
展示風景2

 群馬県立近代美術館では、平成26年度に開館40周年を迎えたことを記念して、4本の企画展示を開催しました。このうち「探幽3兄弟展」では、江戸絵画史の基礎を築いた狩野探幽・尚信・安信の絢爛豪華な襖絵や日本最大級の金屏風などを紹介し、39日間の会期で13,103人の方々に御観覧いただきました。
 皆様からお寄せいただいた寄附金は、展覧会の実施に活用させていただきました。お陰様をもちまして、開館40周年を飾る素晴らしい企画展示を開催することができました。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部戦略企画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2314
FAX 027-223-4371
E-mail furusato-gunma@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。