本文へ
表示モードの切替
印刷

平成19年から住民税が大きく変わりました

「税源移譲」のイメージ画像

個人の住民税とは

 個人の県民税と個人の市町村民税を合わせて、一般に個人の住民税と呼んでいます。以下「住民税」と表記します。

目次

どうして変わったの?

 住民税が大きく変わった理由をご説明します。

どう変わったの?

 住民税が具体的にどう変わったのかご説明します。

税負担は増えた?減った?

  税源移譲には3つのポイントがあります。具体的な事例でご説明します。

住宅ローン控除の経過措置

 所得税から住宅ローン控除額を引ききれなかった方は、申告により住民税から控除される場合があります。

お問い合わせ先

 県内各税務署、県税務課・県市町村課、各県税事務所・行政県税事務所又は市町村まで。

税源移譲広報第一弾リーフレット(全国地方税務協議会作成)の写真
住民税広報第二弾ポスター(全国地方税務協議会作成)の写真
住民税広報第三弾ポスター(全国地方税務協議会作成)の写真

上の3点は、全国地方税務協議会が税源移譲の広報のために作成したポスターです。

このページについてのお問い合わせ

総務部税務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2196
FAX 027-221-8096
E-mail zeimuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。