本文へ
表示モードの切替
印刷

電子署名の簡素化及び関与先納税者の利用手続を税理士等が代行して行う場合の注意点

 eLTAX(エルタックス)で、次の(1)又は(2)に該当する場合は、電子署名等を一部省略して申告書等を送信することができます。

 (1) 税理士等が納税者の申告書(税理士等の電子署名を付与したもの)を作成・送信する場合

 (2) 納税者が利用届出手続及び暗証番号変更手続を行う場合

 これにより、税理士等が関与する納税者の場合、納税者の電子証明書がなくてもeLTAXをご利用いただけます。

 なお、関与先納税者の利用届出手続を税理士等が代行して行う場合には、以下の点を特にご注意ください。

 「自己の申告を行う場合」を選択してください。

提出先・手続情報の入力画面において、「自己の申告を行い場合」はこちらをチェックしてくださいをクリックする画面のイメージ図

  利用届出を行う際、利用者の情報を入力する画面に、上記のとおり(提出先・手続情報)という項目があります。

税理士等が関与先納税者について、代行して利用届出を行うケースでは、必ず「自己の申告を行う場合」を選択してください。

電子署名は行わずに送信してください。

電子証明付与の選択画面において、「電子署名を付与せずにこのまま送信する」画面のイメージ図

 利用者の情報を入力したのち表示される上記「電子署名付与の選択」画面では、「電子署名を付与せずにこのまま送信する」ボタンを押下し、電子署名をしていない利用届出として送信してください。

 もし、税理士等が自らの電子証明書を用いて、関与先納税者の利用届出に電子署名をした場合は、他人の電子署名がついた利用届出となるため、その利用届出は不受理となります。

税理士が自らの電子証明書で関与先納税者の利用届出に電子署名をした場合の利用届出不受理のイメージ図

このページについてのお問い合わせ

総務部税務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2196
FAX 027-221-8096
E-mail zeimuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。