本文へ
表示モードの切替
印刷

23~24年度事業実施結果

平成23~24年度に実施した群馬県NPO等活動支援事業(内閣府「新しい公共支援事業」)の実績報告と、運営委員会による評価結果報告です。

平成23年度実施状況

NPO等の活動基盤整備のための支援事業

NPO等活動基盤整備支援事業

NPO等の活動基盤の強化を図るため、以下の事業を実施。

活動基盤整備支援セミナー実施事業

ア 概要
会計・財務知識、事業運営、NPO会計基準、情報発信、IT、人材育成等をテーマにNPO等の活動基盤の整備を支援するセミナー等を実施

イ 委託事業者[事業費]
(1)群馬NPO協議会[1,000千円]
(2)特定非営利活動法人まえばし市民活動支援センター[1,050千円]

ウ 実施内容
(1) 「NPO法人会計基準 税理士から学ぶ基礎講座」
平成24年2月17日(金)、18日(土)
(2) NPO応援プログラム実施
第1回 平成24年1月28日(土)映画上映会「僕たちは世界を変えることができない」
第2回 平成24年2月4日(土)講演会「思いが伝わる、広がる!広報のコツ」
第3回 平成24年2月18日(土)講演会「組織の信頼性を高め外部との協力を築く」

NPO等支援アドバイザー派遣事業

ア 概要
会計財務、情報発信、IT等の知識・技術をきめ細かく個別に学ぶことを希望するNPO等に対し、アドバイザーを派遣し個別指導を行う。

イ 委託事業者[事業費]
群馬NPO協議会[1,000千円]

ウ 実施内容
10団体にのべ20回、アドバイザーを派遣

NPO等活動体験事業

ア 概要
NPO等の活動やボランティア活動に関心のある県民を対象に、NPO等の活動体験をしてもらい、NPO・ボランティア活動の裾野を広げるととともに、NPO等の人材や活動の応援者獲得に資する

イ 委託事業者[事業費]
(1)群馬NPO協議会[500千円]
(2)群馬県ボランティア連絡協議会[500千円]

ウ 実施内容
(1)ボランティア講座の実施

  • 親子向け講座と体験 平成24年2月12日(日)、3月18日(日)
  • 学生向け講座 平成23年12月14日(水) 新島学園短期大学

(2)傘下のボランティア団体4団体によるボランティア活動体験プログラムの実施

  • 平成24年3月17日(土)「絆の輪を広げよう」~あなたもボランティア体験をしてみませんか~
  • 平成24年2月27日(月)レクリエーション講習会 3月26日(月)テディベア作成
  • 平成24年2月9日(木)「ボランティアのつどい」開催
  • 平成24年2月25日(土)、3月3日(土)、3月9日(金)、3月17日(土)、3月19日(月) 精神保健福祉ボランティア養成講座 実施

中間支援組織提案型支援力強化事業

ア 概要
中間支援組織等からの提案により、そのアイデア、創意工夫を生かしたNPO等の活動支援のための取り組みを実施する。あわせて事業の実施を通じ中間支援組織の支援ノウハウの蓄積、向上を図り、継続的・発展的な支援体制の強化を推進する

イ 委託事業者[事業費]
群馬NPO協議会[1,500千円]

ウ 実施内容
「NPO支援のための連続講座」実施

  • 第1回 平成24年1月18日(水)「助成金で基盤強化し、NPOの自立へ」
  • 第2回 平成24年2月8日(水)「フレームワーク」
  • 第3回 平成24年3月14日(水)「マーケティング」

NPO等実態調査

ア 概要
県内で活動しているNPO法人、ボランティア団体の組織や活動の実態、課題等を調査し、今後の取り組みを効果的に推進するための基礎資料とする。【平成23年度のみ実施】

イ 受託事業者[事業費]
特定非営利活動法人NPOぐんま[2,997千円]

ウ 実施内容
群馬県内に事務所を設置する特定非営利活動法人及び行政で把握している任意団体であるボランティア団体(合計約2,000団体)を対象としたアンケート調査を実施するとともに、20団体程度から運営上の課題や必要な支援などについてヒアリング調査を実施。
上記調査を踏まえて、群馬県内における市民活動の現状や今後求められる課題を抽出、報告書を作成し、関係団体へ配付した。

寄附募集支援事業

市民ファンド創設支援

ア 概要
本県にふさわしい市民ファンド創設に向けた研究を実施するとともに、寄附募集イベントを開催する。

イ 受託事業者[事業費]
群馬NPO協議会[557千円]

ウ 実施内容
市民ファンドの創設に向けた調査研究を実施した。 

融資利用円滑化のための支援事業

融資利用支援セミナー

ア 概要
NPO等の融資利用の円滑化を支援するため、専門家によるセミナー・相談会を開催する。

イ 実施主体
群馬県

ウ 実施内容
『NPOのための「資金調達のしかた」<融資活用編>』をテーマとし、2回実施。

  • 第1回 平成24年2月24日(金)
  • 第2回 平成24年3月10日(土)

新しい公共の場づくりのためのモデル事業

地域づくり協働モデル事業

行政とNPO等とが「協働」して地域課題の解決に向けて取り組む事業をモデル的に実施し、「協働」の手法の普及と拡大を図る。

(1)第1次募集
  • 受付 平成23年7月13日から平成23年8月24日まで
  • 採択事業の審査 8月31日(水) (第2回運営委員会において)
    申請のあった16事業の中から8事業を採択した。
(2)第2次募集
  • 受付 平成23年10月11日から平成23年11月15日まで
  • 採択事業の審査  12月15日(金) (第5回運営委員会において)
    申請のあった15事業の中から6事業を採択した。
    第1次募集で採択した8事業と合わせて計14事業を採択した。
(3)事業実施
  • 平成23年度から開始した11事業について実施。各実施主体において、地域課題解決に向けた取組が行われた。
    (残る3件は、平成24年度の単年度事業)

共通事務に関する事業

群馬県NPO等活動支援事業運営委員会の開催状況

以下のとおり、NPO等活動支援事業運営委員会を開催した。

第1回 (平成23年6月27日)
概要:委員長選出 NPO等活動支援事業基本方針(案)事業計画(案) 地域づくり協働モデル事業(案)

第2回 (平成23年8月31日)
概要:地域づくり協働モデル事業の選定

第3回 (平成23年10月6日)
概要:NPO等活動基盤整備支援事業 企画提案募集要項(案)・委託業務仕様書(案)の検討

第4回 (平成23年11月9日)
概要:NPO等活動基盤整備支援事業 実施事業の選定

第5回 (平成23年12月15日)
概要:地域づくり協働モデル事業の選定、新しい公共支援事業(平成23年度上半期)の評価

第6回 (平成24年1月27日)
概要:事業計画変更、融資利用支援セミナー・平成24年度NPO等活動基盤整備支援事業募集要項(案)の検討

第7回 (平成24年3月23日)
概要:平成24年度NPO等活動基盤整備支援事業の選定、平成23年度事業実施状況報告、平成24年度継続実施事業の承認

連絡調整会議等参加

以下のとおり、新しい公共支援事業連絡調整会議等(内閣府主催)に出席した。

平成23年6月9日(木)「第1回新しい公共支援事業連絡調整会議」1名出席

平成23年9月6日(火)「第2回新しい公共支援事業連絡調整会議」2名出席

平成23年11月11日(金)「新しい公共支援事業の追加対策についての意見交換会」1名出席

平成24年1月17日(火)「第3回新しい公共支援事業連絡調整会議」1名出席

平成24年度実施状況

NPO等の活動基盤整備のための支援事業

NPO等活動基盤整備支援事業

NPO等の活動基盤の強化を図るため、以下の事業を実施。

活動基盤整備支援セミナー実施事業

ア 概要
会計・財務知識、事業運営、NPO会計基準、情報発信、IT、人材育成等をテーマにNPO等の活動基盤の整備を支援するセミナー等を実施

イ 委託事業者[事業費]
(1)群馬NPO協議会[1,400千円]
(2)しぶかわNPO・ボランティア支援センター(渋川市)[600千円]
(3)特定非営利活動法人Design Net-works Association<DNA>[788千円]
(4)玉村町住民活動サポートセンターぱる(玉村町)[300千円]
(5)きりゅう市民活動推進ネットワーク[1,400千円]

ウ 実施内容
(1)平成24年7月21日(土)「NPO法人会計基準セミナー」
 平成24年10月22日(月)「NPO法人会計基準対応ソフトに関する税理士打合会」
 平成24年11月22日(木)「NPO法人会計基準対応ソフト講習会」
 平成24年12月 1日(土)「NPO法人会計基準対応エクセル簡単会計講習会」
(2)第1回 平成24年7月10日(火)「市民組織運営の基礎」
 第2回 平成24年9月4日(火)「まちづくり・地域づくり」(視察研修)
 第3-1回 平成25年1月18日(金)「講座・イベントのチラシづくり基礎編(講義)」
 第3-2回 平成25年1月25日(金)「講座・イベントのチラシづくり実技編」
(3)第1回 平成24年7月21日(土)「組織マネジメントと人材育成」
 第2回 平成24年9月7日(金)「事業運営と資金調達」 
 第3回 平成24年9月21日(月)「財務会計」
 第4回 平成24年12月15日(土)「第1~3回の振り返り」
 第5回 平成25年2月16日(土)「情報発信」
(4)第1回 平成24年6月12日(火)「住民活動(NPO)はじめの一歩」 
  第2回 平成24年8月7日(火)「牟田流 思わず手に取るチラシの作り方講座」
  第3回 平成24年10月9日(火)「かしこい活動運営のしかた」
 第4回 平成24年12月11日(火)「上手な会議のすすめ方」
 第5回 平成25年2月12日(日)「活動を続けるための資金調達」
(5)第1回 平成24年6月10日(日)「おもてなしの心を伝える話し方」  
 第2回 平成24年7月15日(日)「人のご縁で未来が変わる!桐生が変わる!」
 第3回 平成24年8月28日(火)「市民活動団体の気をつけなくてはいけない会計財務講座」
 第4回 平成24年10月27日(土)「マスコミを通しての賢いPRの仕方講座」
 第5回 平成24年12月4日(火)「人目を引くポスター・チラシ作成講座」
 第6回 平成25年2月9日(土)「未来をシミュレーションする事業運営講座」

NPO等支援アドバイザー派遣事業

ア 概要
会計財務、情報発信、IT等の知識・技術をきめ細かく個別に学ぶことを希望するNPO等に対し、アドバイザーを派遣し個別指導を行う。

イ 委託事業者[事業費]
 群馬NPO協議会[2,200千円]

ウ 実施内容
 20団体に延べ40回、アドバイザーを派遣。
 プロボノによるNPO法人(1団体)HPリニューアルの支援。

NPO等活動体験事業

ア 概要
NPO等の活動やボランティア活動に関心のある県民を対象に、NPO等の活動体験をしてもらい、NPO・ボランティア活動の裾野を広げ、市民活動への共感を深めるとともに、NPO等の人材や活動の応援者獲得に資するため、ボランティア受入体制づくりを支援する。

イ 委託事業者[事業費]
(1)群馬NPO協議会[600千円]
(2)群馬県ボランティア連絡協議会[600千円]

ウ 実施内容
(1)-1ボランティア講座・体験活動の実施

  • シニア向けボランティア講座 平成24年4月24日(火)
  • 親子向け講座と体験 平成24年5月27日(日)
  • プロボノ学習会(WEBデザイン・会計実務)平成24年11月3日(土)
  • プロボノ学習会(会計ソフト)平成24年11月10日(土)
  • 学生向け講座とボランティア紹介・情報提供 平成24年11月28日(水)

(1)-2 NPO法人ボランティア受入支援

  • がん患者のためのタオル帽子づくり 平成24年6月8日(金)
  • 夏休みボランティア募集支援(個別2団体)
  • 全NPO法人へボランティア受入希望調査と情報提供
    (45法人受入希望、県内14大学・13中間支援センターへ情報提供)

(2) 傘下のボランティア団体(7団体)によるボランティア活動体験プログラムの実施

  • 各介護施設などへの奉仕・慰問活動、地域福祉体制づくり 平成24年8月~平成25年3月
  • ボランティアのつどい 平成24年10月15日
  • 給食配達ボランティア座談会・体験紹介 平成24年12月~平成25年2月
  • 被災地避難者居場所づくりと支援ボランティア養成 平成24年10月~平成25年3月
  • 避難者支援ボランティア養成講座 平成24年11月24日
  • 被災地支援ボランティア養成講座 平成24年11月24日
  • ボランティア、市民活動啓発のためのパネル展 平成24年11月24日
  • 災害ボランティア養成講習会 平成25年3月6日
  • 災害時における障がい者の避難についての講演会 平成25年3月16日
  • ボランティア研究集会 平成25年3月9~10日

中間支援組織提案型支援力強化事業

ア 概要
中間支援組織等からの提案により、そのアイデア、創意工夫を生かしたNPO等の活動支援のための取り組みを実施する。あわせて事業の実施を通じ中間支援組織の支援ノウハウの蓄積、向上を図り、継続的・発展的な支援体制の強化を推進する

イ 委託事業者[事業費]
(1)群馬NPO協議会[4,500千円]
(2)特定非営利活動法人まえばし市民活動支援センター[4,500千円]

ウ 実施内容
(1)-1「NPO支援のための連続講座」実施

  • 第4回 平成24年4月20日(金)「ファシリテーション」 
  • 第5回 平成24年5月25日(金)「七つのチカラ」 
  • 第6回 平成24年6月28日(木)「相談対応」  
  • 第7回 平成24年7月11日(水)「資金調達」 
  • 第8回 平成24年8月28日(火)「コーディネート」 
  • 第9回 平成24年9月27日(木)「市民メディア」

(1)-2 ネットワークづくりの実践

  • 平成25年1月29日(火)環境教育のためのネットワークづくり
  • 平成25年2月12日(火)伝統文化分野のネットワークづくり
  • 平成25年2月23日(土)新設団体のネットワークづくり

(2)「中間支援組織人材育成プログラム」

  • 研修会 ホスピタリーコーチング 平成24年8月24日(金) 
  • 講演会・映画上映「ささえあう」「つながる」を考える 平成25年2月2日(土)
  • 講演会・意見交換会「ささえあう」「つながる」を考える 平成25年3月3日(日)
  • 中間支援組織間インターンシップ交流 平成25年2月
  • 中間支援組織とNPOに関するDVD作成

「新たな公」を推進する普及啓発事業

「新たな公」についての理解や認識を深め、その普及・定着を推進するため、フォーラムや広報をはじめとする啓発事業を行う。

「新たな公」を推進する県民フォーラム開催事業

ア 概要
「新たな公」の推進には、その担い手となるNPO等の団体の活動の活性化、またその活動を支える地域の理解と認識を深めることが重要である。そのため、NPO等が「新たな公」の理念や考え方を共有するとともに、県民の理解を深める契機とするために県民フォーラムを開催する。

イ 委託事業者[事業費]
群馬NPO協議会[2,605千円]

ウ 実施内容
実行委員会立ち上げ 打ち合わせ会議等(8回)
地域モデル事業研修会(2回)
県民フォーラム「社会を支える市民の力」平成25年3月3日(日)参加者96名

「新たな公」を推進する情報発信事業

ア 概要
「新たな公」の理解を深め、その普及・定着を図るため、企画広告等による効果的な情報発信を行う。

イ 委託事業者[事業費]
(株)上毛新聞社[8,000千円]

ウ 実施内容
(1)ポスター(B2版4C)500部、リーフレット(A4版両面4C)20,000部作成
(2)多様なメディアを活用した広報活動

  • 新聞広告による広報(2社 計5回)
  • ラジオによる広報(平成24年12月~平成25年2月 スポットCM 40本)
  • インターネットによる広報(上毛新聞HP及びエフエム群馬HPへのバナー広告)
ボランティアフェスティバル開催事業

ア 概要
ボランティア活動など市民による草の根の地域活動や社会貢献活動は、「新たな公」を推進する大きな原動力である。こうした活動に参加する者のネットワークの拡大や一体感を醸成し、市民による活動を盛り上げていくためのフェスティバルを開催する。

イ 委託事業者[事業費]
(1)NPO・ボランティアフェスティバルin高崎実行委員会[2,400千円]
(2)特定非営利活動法人利根沼田地域ボランティアセンター[2,031千円]

ウ 実施内容
(1) 地域の特性を活かしたテーマにより5地域で開催。
平成24年12月8日(土)榛名・倉渕地域「歴史・観光資源」来場者156名、スタッフ86名
平成25年1月12日(土)高崎・群馬地域「市民公益活動団体の取り組み紹介」来場者132名、スタッフ100名
平成25年1月27日(日)箕鄕地域「市民公益活動団体の取り組み紹介」来場者128名、スタッフ77名
平成25年2月17日(日)新町地域「東日本大震災被災高校生の体験談等に学ぶ防災」来場者419名、スタッフ123名
平成25年3月10日(日)吉井地域「市民公益活動団体の取り組み紹介」来場者272名、スタッフ112名
(2) 「北毛発!100のしあわせプロジェクト」
北毛に在る沢山の宝(地域活動団体や個人)が、多様な形で企画をつくり参加するプロジェクト
平成25年1月18~20日 啓発映画上映会、分科会・座談会「幸せの寄せ鍋」ほか  参加者延べ140名
平成25年2月2~3日  文化事業、活動団体交流会、啓発映画上映会、講演会「地宝論」参加者延べ670名

寄附募集支援事業

寄附促進のための環境整備事業

寄附募集支援セミナー

ア 概要
NPO等を対象に、寄附募集のノウハウ等の習得を目指し、ファンドレイザー育成のための連続講座、認定NPO法人取得に向けた実務講座及び中間支援センタースタッフ及び税理士の連携による相談会等を実施する。

イ 受託事業者[事業費]
群馬NPO協議会[3,838千円]

ウ 実施内容
平成24年10月27日(土)「寄付を集める」
平成24年12月14日(金)「認定NPO法人の申請・報告書実務」
平成25年1月12日(土)「寄付集めの実務」
平成25年1月8日(火)~3月22日(金)8日間「税理士によるNPO法人個別相談」

寄附普及のための啓発事業

ア 概要
新聞広告により寄附についての県民の理解を深めるための広報を実施する。

イ 実施主体
群馬県

ウ 実施内容
新聞広告(記事下5段モノクロ)
平成24年12月25日(火)毎日新聞、産経新聞
平成24年12月27日(木)朝日新聞

認定NPO法人の手引き作成

ア 概要
認定NPO法人の手引き「認定NPO法人制度ガイドブック」を作成し、NPO法人の認定取得を支援する。

イ 実施主体
群馬県

ウ 実施内容
規格:A4 70ページ 多色刷り
部数:400部

市民ファンド創設支援事業

ア 概要
本県にふさわしい市民ファンド創設に向けた調査研究を実施するとともに、寄附募集イベントを開催する。

イ 受託事業者[事業費]
群馬NPO協議会[2,723千円]

ウ 実施内容
(1) 市民ファンド創設に向けた調査研究を実施(先進地視察・研修会参加)

  • 特定非営利活動法人岡山NPOセンター
  • 公益財団法人京都地域創造基金
  • 認定NPO法人くびき野NPOサポートセンター(にいがたNPO基金)
  • 特定非営利活動法人さがみはら市民会議(ゆめの芽)
  • 一般財団法人青い森地域創造基金
  • 研修会「ファンドレイジングを最大化するEメール・マーケティングの極意とは」

(2) 講演会の実施「意志ある寄付で社会が変わる~市民の寄付で創ろうみんなの基金~」

  • 平成24年11月3日(土)高崎市
  • 平成24年11月4日(日)太田市
  • 平成24年12月2日(日)富岡市
  • 平成25年1月19日(土)館林市
  • 平成25年2月9日(土)前橋市

融資利用円滑化のための支援事業

融資利用支援セミナー

ア 概要
NPO等の融資利用の円滑化を支援するため、専門家によるセミナー・相談会を開催する。

イ 受託事業者[事業費]
(一)群馬県中小企業診断士協会[889千円]

ウ 実施内容
(1)融資利用支援セミナー
平成24年11月28日(水)、12月1日(土)
「融資利用の留意点」「NPOのマネジメント」
(2)個別融資相談
平成24年12月1日~平成25年3月15日

新しい公共の場づくりのためのモデル事業

地域づくり協働モデル事業

行政とNPO等とが「協働」して地域課題の解決に向けて取り組む事業をモデル的に実施し、「協働」の手法の普及と拡大を図る。

(1) 実施内容
平成23年度から継続実施の10事業及び平成24年度開始3事業の計13事業について、各実施主体において、地域課題解決に向けた取組を実施した。

共通事務に関する事業

群馬県NPO等活動支援事業運営委員会の開催状況

以下のとおり、NPO等活動支援事業運営委員会を開催した。

第1回 (平成24年7月30日)
概要:新しい公共支援事業(平成23年度下半期)実績報告及び評価、事業計画変更

第2回 (平成24年9月12日)
概要:NPO等活動支援事業(県民フォーラム開催ほか)実施事業の選定、NPO等活動支援事業(情報発信事業)募集要項(案)の検討

第3回 (平成24年10月23日)
概要:NPO等活動支援事業(「新たな公」を推進する情報発信事業)実施事業の選定、融資利用支援セミナーの実施について協議

第4回 (平成24年11月27日)
概要:新しい公共支援事業(平成24年度上半期)実績報告及び評価、事業計画変更                                 

連絡調整会議参加

以下のとおり、新しい公共支援事業連絡調整会議(内閣府主催)に出席。

平成24年8月29日(水)「新しい公共支援事業連絡調整会議」【関東甲信越静ブロック】

  • 成果報告の部、行政会議の部…職員1名出席
  • 成果報告の部…事例報告者1名出席(モデル事業実施主体から)

成果目標の達成状況

すべての事業について、支援対象者による自己評価S,A,Bの割合が80%以上となり、成果目標を達成した。また、「新たな公」を推進する普及啓発事業においては、イベントの参加者数が延べ2,511名となり、目標の300名を大きく上回った。

全体評価

NPO等の活動基盤整備のための支援事業、寄附募集支援事業、融資利用円滑化事業

23年度上半期に震災対応業務を優先したことによる事業開始の遅れもあり、事業計画の見直しを余儀なくされたが、実施された事業については成果が得られた。
団体等の基盤強化、支援力向上、ボランティア活動の理解促進、寄附促進、融資利用円滑化等の各事業の目的に合致した支援が実施され、支援対象者からの評価も全体的に高かった。
その中でも、個別相談ができる支援アドバイザー派遣事業や寄附募集支援セミナーについては、特に評価が高かった。
各種セミナーへは多数の参加者があり、NPO等のスキルアップ・基盤強化につながったと考えられ、今後のNPO等の活性化が期待される。
平成23年度に実施した「NPO等実態調査」や、その他各事業の結果を踏まえ、今後の市民活動支援施策へとつなげていきたい。

地域づくり協働モデル事業

そもそも自主財源を持たない協議体が実施主体であったため、補助率を10/10として交付金対象経費の全額を交付できたことにより、これまでできなかった実験的な取り組みや、財政基盤の脆弱な過疎地域での事業実施が可能となった。
地域ぐるみで子どもの社会教育にあたる事業や、大学、行政、NPO、企業など地域の総合力を駆使して実施した事業など、多様な主体による協働が功を奏した事業が多く見られた。
一方で、協議体の構成員である行政機関の姿が見えにくいものもあったが、協働により一層の相乗効果が現れる場合があることを行政機関がもっと知り、積極的に協働していく姿勢が必要であることがわかった。
2年度にわたって実施した実施主体においては、23年度より24年度の方が自己評価が高まっているケースが多い。多様な主体による協働というのは、単年度での実施よりも一定の時間をかけて実施することにより効果が現れるといえる。

評価ランク

A:優れた成果が得られた

個別実績報告の総括表 

(1) 新しい公共支援事業((3)を除く)
 業務名 ※注1  委託した場合は受託した団体等名 種別
※注2
自己評価
活動基盤整備支援セミナー
[提案方式導入]
群馬NPO協議会(平成23年度)
特定非営利活動法人
まえばし市民活動支援センター
群馬NPO協議会(平成24年度)
しぶかわNPO・ボランティアセンター(渋川市)
特定非営利活動法人
Design Net-works Association
玉村町住民活動サポートセンターぱる(玉村町)
きりゅう市民活動推進ネットワーク
NPO等支援アドバイザー派遣事業
[提案方式導入]
群馬NPO協議会 A(平成23年度)
S(平成24年度)
NPO等活動体験事業
[提案方式導入]
群馬NPO協議会 A(平成23年度)
S(平成24年度)
群馬県ボランティア連絡協議会
中間支援組織提案型支援力強化事業
[提案方式導入]
群馬NPO協議会 A(平成23年度)
S(平成24年度)
特定非営利活動法人
まえばし市民活動支援センター
NPO等実態調査[提案方式導入] 特定非営利活動法人NPOぐんま
「新たな公」を推進する県民フォーラム開催事業
[提案方式導入]
群馬NPO協議会
「新たな公」を推進する情報発信事業
[提案方式導入]
(株)上毛新聞社
ボランティアフェスティバル開催事業
[提案方式導入]
NPOボランティアフェスティバルin高崎実行委員会
特定非営利活動法人
利根沼田地域ボランティアセンター
寄附募集支援セミナー
[提案方式導入]
群馬NPO協議会
寄附普及のための啓発事業  
認定NPO法人の手引き作成  
市民ファンド創設支援 群馬NPO協議会 B(平成23年度)
A(平成24年度)
融資利用支援セミナー  
(一)中小企業診断士協会

※注1 プロポーザル方式の発注を行ったものには“[提案方式導入]”、派遣専門家等の実績・評価を公表しているものには“[派遣評価公表]”、支援対象者の数や満足度が委託費の支払いに反映できる仕組みを導入しているものには“[満足度反映]”と記載してください。
※注2 「種別」欄には、活動基盤整備支援に関連するものは「基」、寄附募集支援に関連するものは「附」、融資円滑化支援に関連するものは「資」、利子補給に関連するものは「利」、その他に関連するものは「他」と記載してください。(複数回答可)

(2) 支援対象者

 事業名

 団体・組織等名

種別
※注3

自己評価

 

 

 

 


(3) モデル事業
事業名 団体・組織名等 分類 自己評価
平成23年度 平成24年度
地域政策専門の知力と学生力と地域連携力を活用した、東日本大震災における被災地復興のための包括支援Project 高崎市域震災復興支援委員会
繊維産業を核とした地域コミュニティブランドを生み育てる地域づくり協働モデル事業 桐生市布テク協会
おおた町の先生見本市 おおた町の先生見本市実行推進協議会
よろず困りごと出張相談事業 上州応援団の会
沼田市子育て支援ネットワーク事業 沼田市子育て支援ネットワーク推進協議会
竹林整備活用事業 ぬまた竹林整備活用事業推進協議会  
世界遺産がある街に相応しいまちづくりのための地域連携 とみおか観光まちづくり推進協議会
協働による畜産環境改善・整備と地域づくり ぐんま畜産環境改善推進協議会
高齢者に優しい街づくりと中心市街地活性化    ~まちなか拠点の体制確立によるいきいきまちづくり~ いきいきまちづくり協議会
Community3.0~群馬・高崎まちなか再生活動 群馬・高崎まちなか再生協議会
限界集落における高齢者生活支援をテーマとした次世代担い手づくりと村づくりNPO等構築事業 南牧村次世代担い手づくり支援協議会
地域の居場所づくり 館林市
特定非営利活動法人 お互いさまネットワーク
 
群馬県を災害ボランティアの活発な地域にするための協働モデル事業 桐生災害支援ボランティアセンター  
在住外国人との共生による地域活性化基盤整備事業 みなかみ町在住外国人共生による地域活性化委員会  

※注4 「分類」欄には、新しい公共の場づくりのためのモデル事業のうち、一般枠の事業は「般」、NPO支援重点化枠の事業は「重」、社会イノベーションの推進のためのモデル事業については「イ」と記載してください。

 運営委員会による評価結果報告

1 事業全体の評価

平成23年度及び24年度実施事業については、適正に実施された。
各事業の評価については、下記のとおりである。

2 各事業の評価

(1)NPO等活動基盤整備支援事業

NPO法人等を運営していく上で、運営基盤の整備が大きな課題となっている。今回実施したセミナーや講座等に積極的な参加があったことは、各団体のそういった課題解決へ向けた意識の現れであると考えられる。また、支援対象者からの評価も概ね高いものとなっており、今後の各団体の活動へ成果が還元されていくことを期待する。

(2)中間支援組織提案型支援力強化事業

平成24年度は事業を工夫し評価S、A、Bが90%に向上するなど、中間支援組織の支援体制の強化につながる事業が実施されたと評価できる。中間支援組織は、NPO等の活動推進に重要な役割を果たす団体であるため、この事業の結果をNPO等支援に活用されることを期待する。

(3)NPO等実態調査

アンケートの回収率(58.9%)も比較的高く、県内で活動するNPO法人やボランティア団体等の活動の実態や課題等が反映された報告書となった。
この調査結果が、今後の市民活動支援施策の効果的な推進に活用されることを期待する。

(4)「新たな公」を推進する普及啓発事業

 準備期間不足のため集客に関する反省点がみられた事業も見受けられたが、全体では成果目標を達成しており、県民に向けた普及啓発については一定の成果が得られたと考えられる。

(5)寄附促進のための環境整備事業

セミナーについては、支援対象者からの評価が比較的高く、新聞広告によるHP閲覧数増加もあった。県民意識の変化につながることを期待する。
認定NPO法人制度ガイドブックについては、認定を目指すNPO法人が効果的に活用されることを期待する。

(6)市民ファンド創設支援事業

2年間にわたり市民ファンドについての調査、研究を実施し、市民ファンド立ち上げへの動きにつながったと考えられる。
県内初の市民ファンドが創設されることを期待する。

(7)融資利用支援セミナー事業

受講者からの評価が比較的高く、充実した内容のセミナーが実施されたものと評価できる。
今後の団体の融資利用が拡大することを期待する。

(8)地域づくり協働モデル事業

2年間の実施により、いずれの事業も地域の課題解決につながる足がかりを築けたと思われる。
多くの事業において、今後の継続的な取り組みが期待できる。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活こども部県民活動支援・広聴課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2291
FAX 027-223-2944
E-mail npo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。