本文へ
表示モードの切替
印刷

多文化共生シンポジウム「身近に増える在住外国人とともに群馬の未来を描く ~多文化共生協働活動事例発表~」を開催しました

 県では、知事が認定した「多文化共生推進士」と連携し、地域の多文化共生団体と協働で「外国人材が活躍できる地域づくり」をテーマに活動を行っています。
 その協働活動の成果を発表し、多文化共生の今後について考えるシンポジウムを開催しました。

日時

平成31年2月10日(日) 13時~16時20分(受付は12時開始)

会場

群馬県庁2階南側ビジターセンター(前橋市大手町1-1-1)

内容

第1部 多文化共生協働活動事例発表

(1)みんなでつくる多文化の集い~外国人住民が安心して暮らせる情報提供と情報発信する場~(大谷・西館班)
(2)外国人住民の人権について~身近な外国人住民との関わり方を考える~(吉川・正田班)
(3)群馬県在住外国人と連携、地域観光商品を世界へ売り込む!~グローバルビジネス台湾編~(新井・相京班)
(4)外国にルーツを持つ児童のキャリア教育を考えるための実態調査~散在地域の児童・ブラジル人学校の児童・日本人の児童~(小林・坂本班)

第2部 パネルディスカッション

  • コーディネーター 武井 昭 氏(NPO法人 地域総合生活デザイン研究所理事長)
  • パネリスト 第1部の(1)~(4)事例発表者

参加者

63名

主催

群馬県

受託事業者

NPO法人多文化共生ぐんま

事例発表の様子写真
事例発表の様子
シンポジウムの様子写真1
シンポジウムの様子1
シンポジウムの様子写真2
シンポジウムの様子2

このページについてのお問い合わせ

地域創生部ぐんま暮らし・外国人活躍推進課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3394
FAX 027-243-3110
E-mail gunkurashi@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。