本文へ
表示モードの切替
印刷

平成22年度の県内温室効果ガス排出量について

概況

 統計指標等を用いて簡易に推計した、平成22年度の県内温室効果ガス排出量は、1,722万5千トンとなり、前年度に比べ、1.2%増加し、3年ぶりに増加に転じました。

排出量増加の要因

温室効果ガス排出量の増加要因としては次の2点が挙げられます。

  • 平成20年度に発生したリーマンショック後の景気後退からの回復の中で、エネルギー起源二酸化炭素が増加。
  • 夏が例年にない猛暑であったこと、年末年始にかけて気温が低かったことから冷暖房需要が増加。

二酸化炭素排出量

 温室効果ガスの約9割を占める二酸化炭素については前年度に比べ1.9%増加しました。平成14年度比では7.8%の減少となり、第2次群馬県地球温暖化対策推進計画(平成18年度~平成22年度)の目標(平成22年度の二酸化炭素排出量を平成14年度比3.2%削減)を達成しました。
 

表1 県内温室効果ガスの排出状況
項目 平成14年度 平成19年度 平成21年度 平成22年度
排出量
(千トン)
排出量
(千トン)
排出量
(千トン) 
排出量
(千トン)
対前年度比
(%)
対平成14
年度比(%) 
対平成19
年度比(%)
二酸化炭素(CO2)計 17,239  17,655  15,596  15,899  1.9  -7.8  -9.9 
 エネルギー起源計 16,735  17,219  15,159  15,518  2.4  -7.3  -9.9 
 産業部門 5,549  6,348  5,007  5,185  3.6  -6.6  -18.3 
 業務部門 2,623  2,860  2,526  2,582  2.2  -1.6  -9.7 
 家庭部門 2,695  2,762  2,520  2,664  5.7  -1.2  -3.5 
 運輸部門 5,866  5,079  4,935  4,916  -0.4  -16.2  -3.2 
 その他 3  171  171  171       
 廃棄物部門 504  436  437  381  -12.8  -24.4  -12.6 
メタン(CH4) 361  363  363  363       
一酸化二窒素(N2O) 661  677  677  677       
ハイドロフルオロカーボン
(HFC)
55  94  96  85  -11.7  54.2  -9.8 
パーフルオロカーボン
(PFC)
238  268  159  80  -50.1  -66.6  -70.3 
六ふっ化硫黄(SF6) 1,097  1,045  127  121  -4.4  -88.9  -88.4 
温室効果ガス総計 19,651  20,102  17,018   17,225 1.2  -12.3  -14.3 

 【注】平成20年度以降のエネルギー起源CO2の「その他」、CH4、N2Oは平成19年度数値に固定

図1 県内温室効果ガス排出量の推移

図1県内温室効果ガス排出量の推移画像

部門別二酸化炭素排出量

 部門別の二酸化炭素排出量を見ると、運輸部門、廃棄物部門を除き、対前年で排出量が増加しました。
 産業部門については、リーマンショック後の景気回復の中で、製造業等の活動量が増加したこと、業務・家庭部門については、例年にない猛暑と年末年始の寒波により、冷暖房の需要が増大したことが排出量増加の主な要因となっています。
 一方、運輸部門は車両の燃費向上等により平成17年以降、排出量は減少し続けています。また、廃棄物部門の減少は、廃油の再生燃料化が増えていること等によるものです。

図2 部門別二酸化炭素排出量の推移

図2部門別二酸化炭素排出量の推移画像

【注】平成19年度までの排出量については「群馬県温室効果ガス実態調査」(平成21年度実施)によるものです。平成20年度以降は、鉱工業生産指数、県内エネルギー販売量等の統計指標等を用いた簡易手法により排出量を算出しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部気候変動対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2817
FAX 027-223-0154
E-mail kikouhenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。