本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県立館林美術館ESCO事業

 群馬県では県有施設の省エネルギー・省CO2を目的として、民間のノウハウを取り入れたESCO事業導入を推進しています。
 このページでは、群馬県立館林美術館ESCO事業の概要や実績等について紹介します。

1.事業の概要

 群馬県立館林美術館ESCO事業は、群馬県の県有施設における5番目のESCO事業で、民間資金を活用したシェアード・セイビングス方式により導入しています。
 照明のLED化や熱源システムの再構築等により、大幅な省エネを見込んでいます。

事業の概要一覧
(1)施設概要 群馬県立館林美術館(外部リンク)
館林市日向町2003
2000年竣工、延床面積6,856平方メートル
(2)事業方式 シェアード・セイビングス方式
(民間資金活用型)
(3)ESCOサービス期間 15年間
(令和2年4月1日~令和17年3月31日)
(4)施設整備費
(内国庫補助金等)
268,070千円
(112,929千円)
(5)削減額(計画) 光熱水費の削減 22,549千円/年
(6)省エネ率(計画) 41.3%
(7)CO2削減率(計画) 44.0%
(8)主な改修内容
  • 熱源システムの再構築
  • 照明の高効率化
  • 中央監視装置の更新
  • 空調機変風量制御
  • 冷温水ポンプ圧力制御

2.事業経費の概念(計画)

 シェアード・セイビングス方式により、光熱水費の削減分から、施設整備にかかる費用をESCOサービス料として支払います。

事業経費の概念(計画)グラフイメージ画像
事業経費の概念イメージ(計画)

3.事業の実績

 群馬県立館林美術館ESCO事業の実績は以下からご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部気候変動対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2817
FAX 027-223-0154
E-mail kikouhenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。