本文へ
表示モードの切替
印刷

フロン類充填回収業者の充塡量及び回収量等の知事への報告

充填量及び回収量等の報告

 第一種フロン類充填回収業者は、業務を行った区域を管轄する都道府県ごとに、登録を受けた都道府県知事に業務状況の報告をする必要があります。

 報告期日:毎年、当該年度終了後45日以内(5月15日まで)

 報告の対象となる期間:4月1日から翌年3月31日まで

<令和3年度報告(令和2年度実績分)から、報告書の様式が一部変わります>

 令和2年4月1日から施行された改正フロン排出抑制法に基づき、第一種フロン類充填回収業者は、フロン類が充填されていないことの確認をした第一種特定製品の種類ごとの台数(エアコンディショナー、冷蔵機器及び冷凍機器)についても報告する必要があります。
 これに伴い、令和3年度報告(令和2年度実績分)から報告書の様式が一部変更されたので、御注意ください。
 令和2年度中に廃業等の届出をする場合の報告も、新様式を使用してください。(報告対象期間を漏れなく記入してください。)

報告の単位

 報告は登録単位です。複数の事業所がある場合は、まとめて報告します。
 報告は、登録を受けた都道府県ごとに行います。
 (登録した都道府県内で充填及び回収したものが対象となります。)

報告の注意点

 「年度当初に保管していた量」は、第一種特定製品の整備が行われた場合又は廃棄等が行われた場合の別ごとに、必ず前年度の「年度末に保管していた量」と一致しなければなりません。
 翌年の報告書作成時等に必要となるので、提出した報告書は控えを保管しておいてください。

廃業又は登録の取り消しの場合の扱い

ア 第一種フロン類充填回収業者登録の廃業等

 第一種フロン類充填回収業者登録の廃業等の届出をする場合には、廃業等の届出とあわせて、届出が必要となった日の属する年度について、業務状況の報告をする必要があります。

イ 第一種フロン類充填回収業者登録の取り消し

 第一種フロン類充填回収業者登録が取り消された場合には、登録が取り消された日の属する年度について、業務状況の報告をする必要があります。

フロン類の排出抑制対策ページへ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部環境保全課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2832
FAX 027-243-7704
E-mail kanhozen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。