本文へ
表示モードの切替
印刷

尾瀬ミニブック

尾瀬ミニブック画像

 群馬県では尾瀬を舞台にした環境教育の推進や学習支援に取り組んでいます。平成12年から「移動尾瀬自然教室」、平成20年からは「尾瀬学校」を実施しており、「尾瀬ミニブック」はその学習教材として作成された小冊子です。尾瀬学校をはじめ、尾瀬に関する学習を行う学校等に無償で配布され活用されています。

尾瀬ミニブックの掲載内容

1 尾瀬ってどんなところ

1-1 尾瀬のプロフィール

 「尾瀬国立公園」…どこにあるか知っていますか? 関東地方?東北地方? 尾瀬国立公園は、群馬県、福島県、新潟県、栃木県の4県にまたがっています。 日本列島の背骨のような山岳地に、本州でいちばん広い湿原「尾瀬ヶ原」や、川がせき止められてできた湖「尾瀬沼」があります。そのまわりを取り囲む「至仏山(しぶつさん)」や「燧ヶ岳(ひうちがたけ)」、「アヤメ平(だいら)」、さらに外側に位置する「会津駒ヶ岳(あいづこまがたけ)」、「田代山(たしろやま)」、「帝釈山(たいしゃくさん)」などから、尾瀬国立公園は成り立っています。この中でも特に尾瀬ヶ原と尾瀬沼を中心とした地域が、一般に「尾瀬」と呼ばれる地域です。  尾瀬には、ほとんど人の手が加えられていない森林や、三条ノ滝や平滑ノ滝(ひらなめのたき)といった大きな滝、至仏山のように珍しい岩石でできた山や燧ヶ岳のように火山のあとが見られる山などもあります。また、これらのすばらしい景色だけでなく、貴重な植物や動物が生きています。 尾瀬は日本に残された自然を代表する場所です。そこで、その自然をみんなで大切に守っていこうと、国立公園でもいちばん利用の規制のきびしい「特別保護地区」や、国の「特別天然記念物」に指定されているほか、「ラムサール条約湿地」にも登録されています。

1-2 なりたち・むかーし、むかし

尾瀬は、どうやって今の姿になったのでしょうか。それを知るには、地面を掘ったり、岩の性質を調べたりして、たくさんの手がかりを集めなければなりません。今までの調査でわかったことをまとめると、およそ次のとおりです。

  1. 尾瀬は、約200万年前には平らな高原のような場所でした。浅い谷の西には、やがて至仏山となる蛇紋岩(じゃもんがん)が盛りあがっていました。
  2. その後、景鶴山(けいづるさん)、アヤメ平、皿伏山(さらぶせやま)などが噴火し、やや平坦な盆地のような場所ができ、只見川(ただみがわ)の源流となる川が流れ、今の尾瀬の形が見え始めます。
  3. そして、約35万年前に燧ヶ岳の最初の噴火が始まります。西に流れ出した溶岩は川の向きを変え、流れをせき止めました。また、南に流れ出た溶岩や、噴火による山くずれによって沼尻川(ぬしりがわ)もせき止められ、約1万年前には尾瀬沼がつくられました。
  4. のちに尾瀬ヶ原になる場所には、まわりの山々を流れる川から土砂が運ばれ、だんだんと埋められて平らになっていきました。また、そこを流れる川が何度も流れを変えたり、水があふれたりして湿った土地になり、湿原ができ始めたと考えられています。

2 尾瀬に生きる動物や植物

 それでは、尾瀬の植物や動物の観察をしていきましょう。 尾瀬ではどのくらいの植物が見られるのでしょう。今まで尾瀬の中で確認されている植物の数は900種類をこえるといわれています。特に湿原では季節ごとに数多くの花が咲き、訪れる人の目を楽しませてくれます。

3 尾瀬と人との関わり

 尾瀬と人との関わりは昔からありました。初めは物々交換のための道として、狩猟や釣りの場として訪れる人もいました。特に群馬県の大清水から三平峠をこえて尾瀬沼のほとりを通り、福島県の沼山峠に続く道は、昔から「会津(沼田)街道」と呼ばれ、食料品や雑貨を運んでいた地元の人々にも親しまれる道でした。この道が通っている尾瀬沼南岸の三平下というところでは、江戸時代から明治時代にかけて使われていたお金(寛永通宝(かんえいつうほう))も掘り出されています。
 明治時代に入ってしばらくすると、尾瀬で最初の山小屋が建てられたり、尾瀬の自然を調査する人たちがやってきます。同じ頃、尾瀬の地形を利用して発電のためのダムや至仏山にトンネルを掘って尾瀬の水を利根川に流すといった計画が出ましたが、尾瀬の自然を愛する人々は、尾瀬のすばらしさを世の中に伝え、自然を守ろうとうったえるようになりました。 昭和30年代になると、「夏の思い出」という歌で有名になった尾瀬にたくさんの人が訪れるようになります。多くの人が尾瀬を歩くことで、湿原は踏みつけられたため、植物が育たなくなる現象が進んでいきました。そこで、自然を守るために木道を本格的に整備したり、本来尾瀬にあった自然を取りもどすための植生復元作業が始まり、その作業は今も続けられています。

4 わたしたちの環境と尾瀬

 尾瀬の湿原や登山道には「木道」がつくられています。尾瀬国立公園にある木道をすべて足し合わせると、その距離は60km以上にもなります。この木道は、湿原のとくにぬかるみがひどい場所に、丸太をおいて歩きやすくしたものが始まりで、その後、丸太を縦に割って平らにしたものや板を並べるようになったといわれています。
 本格的に木道がつくられるようになったのは昭和27年頃で、尾瀬にたくさんの人がやってくるようになった頃でした。その後、湿原の裸地化(らちか)が進んで湿原に植物が生えなくなると、湿原への踏み込みを防ぐために、木道が整備されるようになりました。木道の役割は「人のため」から「自然のため」へだんだんと変化していったのです。

5 尾瀬を訪れる

 尾瀬は標高2,000メートル前後の山に囲まれた地域です。尾瀬ヶ原などの湿原は木道が整備されていて歩きやすいのですが、場所によっては急な坂道や歩きづらい岩場などもあります。自然を安心して楽しむためにも、しっかりとした準備を整えて出かけましょう。


※各章ごとのPDF形式で冊子の内容をご覧になれます

「尾瀬」自然の宝庫 へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2881
FAX 027-220-4421
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。