本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県ニホンザル適正管理計画

 群馬県では、次のとおりニホンザル適正管理計画(第二種特定鳥獣管理計画・第四期計画)を策定しましたので公表します。

群馬県ニホンザル適正管理計画(第二種特定鳥獣管理計画・第四期計画)概要

1 計画策定の背景及び目的

 群馬県におけるニホンザル(以下「サル」という。)による農林業被害は、昭和55年頃から発生するようになったことから、被害市町村では、住民の協力のもとに防除対策を進めてきた。しかし、防除設備の維持管理や地域ぐるみの対策の継続等が難しく、十分な成果が得られなかった地域もあった。また、集落の人口減少、耕作放棄地及び森林放置の増加により、サルの生息域が拡大していった。
 県ではニホンザル保護管理計画を平成15年度から策定し、農林業被害の防止に努めてきた。しかし、依然として農業被害が発生していることから、サルの生息地における農林業被害の防止と地域住民が安心して生活できる環境を回復することを目的として本計画を策定する。

2 計画の期間及び区域

(1)期間:平成29年4月1日から平成34年3月31日までの5か年とする。
(2)区域:県内全域とする。

3 管理の基本方針

 サルによる農林業被害対策の長期目標は、人とサルの棲み分けを通じて、最終的に人との軋轢の最小化を図ることである。そのため、被害を及ぼす各サルの群れ(以下「加害群」という。)の農林業及び生活環境に及ぼす被害水準(以下「加害レベル」という。)の低減を目的とした各対策を講じ、加害群数の低減を図ることとする。

4 現状

(1)推定生息数:加害群83群・3,220頭(平成27年11月)
(2)農業被害:額;25,096千円(平成27年度)、面積;18ヘクタール(平成27年度)

5 管理の目標

(1)加害群数:加害群71群以下
(2)農業被害:額;20,000千円以下、面積;17ヘクタール以下
(3)加害群定着域の拡大防止

6 目標達成のための施策

 加害群を包括的に評価し、それぞれの群れの特性に応じた総合的な対策を講じる。
(1)加害レベルの管理
(2)集落環境の整備
(3)被害防除
(4)生息環境の確保
(5)捕獲

7 地域別管理

 加害レベルの管理を、生息状況等から県を6つのブロックに分けた地域ごとに対応を検討し、対策を講じる。特に、市町村間を横断して生息する加害群は、各市町村間の情報共有により対策を講じる。

群馬県ニホンザル適正管理計画(概要版印刷用、本編、資料編)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部鳥獣被害対策支援センター
〒370-3105 高崎市箕郷町西明屋1009-1
電話 027-371-0003
FAX 027-371-0090
E-mail choujise@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。