本文へ
表示モードの切替
印刷

県⽴赤城公園の活性化事業

基本構想の策定-10年後の赤城公園のめざす姿-

県では、赤城エリアの活性化、自立性のある持続可能な公園の管理・運営を推進するため、赤城公園に求められる機能や役割を整理し、今後の赤城エリアが持つ自然環境やアウトドア資源等を活用した各種取り組みをまとめた「基本構想」の策定に着手しました。
基本構想の策定にあたり、現在、県では公園利用者や地元住民、民間企業からの声を収集するため、アンケート調査や地元関係者会議、官民プレイヤーとの対話に取り組んでいます。

【新着情報】

ビジターセンター周辺に、県産木材を使ったベンチ,テーブルベンチ,おむつ交換台を設置しました!

【ベンチ】ビジターセンター前バス停の写真
【ベンチ】ビジターセンター前バス停
【ベンチ】ビジターセンター軒下
【ベンチ】ビジターセンター軒下
【テーブルベンチ・ベンチ】スキー場の写真
【テーブルベンチ・ベンチ】スキー場
【ベンチ】覚満淵木道の写真
【ベンチ】覚満淵木道
【おむつ交換台】ビジターセンター障害者トイレの写真
【おむつ交換台】ビジターセンター障害者トイレ

HUTTE HAYSHI CAFE(ヒュッテハヤシカフェ)に関するアンケート

赤城山(県立赤城公園)における「新たな魅力の創出」と「官民共創のモデルケース」として、ビジターセンター食堂スペースに『HUTTE HAYASHI CAFE(ヒュッテハヤシカフェ)』が2021年7月17日(土曜日)オープンしました。現在もたくさんの方々に利用していただいておりますが、オープン期間が2022年3月31日(木曜日)までとなります。
つきましては、カフェの利用状況・利用者の印象・地域への影響を把握するため、アンケート調査を実施いたします。
「赤城のワクワクする未来」を実現する貴重なご意見となりますので、みなさまのご協力よろしくお願いします。

HUTTE HAYASHI CAFE(ヒュッテハヤシカフェ)に関するアンケート(外部リンク)

実施期間:令和4年2月28日まで

WEBアンケート調査

より多くのみなさまのご意見を聴くために、WEBアンケートを実施しました。

  1. 赤城公園に行ったことがある方への質問
     行く目的、季節、好きな場所、滞在時間、消費額、活性化に期待すること、近傍で⽴ち寄る場所ほか
  2. 赤城公園に行ったことがない方への質問
     行ったことがない理由
  3. 共通の質問
     好きな自然体験ができる場所と行く目的、どんな体験が必要か、参考になる施設、基本構想への自由意⾒ほか

実施期間:令和3年12月1日~令和3年12月24日(24日間)
回答件数:601件

アンケート調査チラシ画像

公園利用者等への聞き取り調査(オープンハウス)

WEBアンケート調査と並行して、県立赤城公園ビジターセンター来訪者や「ぐんま山フェスタ2021」来訪者から赤城公園の魅力等をお聞きしました。

聞き取り項目(主なもの)

来訪目的、赤城山頂地域の魅力・良いところ、滞在時間を増やすための取り組みや必要な機能・施設、ビジターセンターに求める機能ほか

聞き取り調査場所

(1)県立赤城公園ビジターセンター

実施期間:令和3年10月21日~令和3年10月24日(4日間)
回答件数:140件

(2)ぐんま山フェスタ2021

実施期間:令和3年11月14日
回答件数:43件

オープンハウスの写真
オープンハウス聞き取りの写真
ぐんま山フェスタ聞き取りの写真

地元住民等との意見交換「あかぎ会議」

地元住民や関係者を対象に月1回程度、意見交換・情報共有を図る場を設けています。
また、会議で出た意見等については、ニューズレータ「あかぎ通信」として配布しています。

あかぎ通信

あかぎ会議の様子

あかぎ会議の様子写真
ワークショップの写真
発表の様子の写真

官民プレイヤーとの対話

県立赤城公園における官民共創の可能性を探るため、令和3年9月28日にHUTTE HAYASHI CAFE(県立赤城公園ビジターセンター)及び官民共創スペース「NETSUGEN」を活用して、『官民共創ピッチ』を開催しました。
今後も随時、ヒアリングやアンケート調査を実施していく予定です。

官民共創ピッチの様子

官民共創ピッチの様子写真
プレゼンの様子写真
プレゼンの様子写真

このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2876
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。