本文へ
表示モードの切替
印刷

令和元年冬の県民交通安全運動について

1 運動期間

 12月1日(日)~12月10日(火)の10日間

2 運動スローガン

年間スローガン

 「その車間 心のせまさが 見えてます」

サブスローガン

 「よそ見して 気づいたときには もうおそい」

3 運動の目的及び運動重点

運動の目的

広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

重点1 子供と高齢者の交通事故防止

  • 運転者は、信号機のない横断歩道は歩行者優先であることを再認識し、横断しようとする歩行者がいるときは、必ず停止して進路を譲りましょう。また、スマートフォン等を使用しながらの運転は、重大事故に直結することを認識し、「ながら運転」は絶対にやめましょう。
  • 子供は、道路を横断するときは左右の安全確認を行い、飛び出しや車の直前・直後の横断はしないようにしましょう。
  • 高齢者は、道路を横断するときは信号機や横断歩道のある場所を横断し、左右の安全を確認しながら横断しましょう。また、夕暮れ時や夜間は反射材や明るく目立つ色の服装に心がけましょう。
  • 自転車運転者は、自転車が車両であることを認識し、交通ルールを遵守しましょう。

重点2  夕暮れ時の早めのライト点灯と反射材等の着用促進

  • 運転者は、日没時間が早まることから、早めにライトを点灯しましょう。
  • 歩行者は、外出時は明るく目立つ色の服や反射材等を着用し、横断歩道があるところでは、横断歩道を横断するなど、歩行者としての交通ルールを守りましょう。
  • 家庭・学校・職場では、夕暮れ時に事故が多発していることを認識させ、明るく目立つ服装や反射材等の着用、早めのライト点灯について指導しましょう。

重点3 飲酒運転の根絶

  • 運転者や同乗者は飲酒運転の危険性や違法性を認識し、「飲酒運転を絶対にしない・させない」という強い意思を持ちましょう。また、酒類が出る会合等に出席する場合は、公共交通機関等の利用を徹底しましょう。
  • 家庭・地域で飲酒運転による事故の悲惨さと責任の重さ等について話し合い、「飲酒運転を絶対にしない・させない」ことを徹底しましょう。
  • 飲食店は、来店者に車できたかどうかを確認し、運転者への酒類提供禁止の徹底とハンドルキーパー運動を促進しましょう。

4 実施要綱・チラシ

5 その他参考情報

 群馬県ホームページでは、群馬県内で過去3年間に発生した交通死亡事故の場所をお知らせしています。
 群馬県内の交通死亡事故の概要を知り、今まで以上に交通事故の防止に努めましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部道路管理課
〒371-8570前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2388
FAX 027-243-7285
E-mail doukanri@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。