本文へ
表示モードの切替
印刷

高圧ガスに関する業務

1 主な業務

  1. 高圧ガス製造施設、貯蔵施設及び冷凍施設の許可及び届出
  2. 高圧ガス(酸素、窒素など)製造施設を持つ事業者において、高圧ガス保安法に基づき、保安検査を行う
  3. 新たに高圧ガス施設を設置もたは設備の変更を行った事業所に対し、完成検査を行う
  4. 高圧ガスの販売事業の届出
  5. 特定高圧ガス消費者の届出

2 高圧ガスとは?

高圧ガスの定義について
状態 高圧ガスの定義
圧縮ガス
  • 常用の温度において圧力が1MPa(=10.2kgf/�p2)以上であるものまたは温度35度において圧力1MPa以上となる圧縮ガス
  • 常用の温度において圧力が0.2MPa以上であるものまたは温度15度において圧力が0.2MPa以上となる圧縮アセチレンガス
液化ガス
  • 常用の温度において圧力が0.2MPa以上または圧力が0.2MPa以上となる場合の温度が35度以下である液化ガス
  • 圧力が0.2MPa以下でも、35度、0Paを超える次のもの(液化シアン化水素、液化ブロムメチル、液化酸化エチレン)

3 高圧ガスの製造とは?

  1. 高圧ガスでないガスが、圧縮等により高圧ガスとなる場合
  2. 高圧ガスが、さらに圧力の高い高圧ガスとなる場合
  3. 高圧ガスが、より圧力の低い高圧ガスとなる場合
  4. 気体の高圧ガスが液体の高圧ガスとなる場合、または逆に液体の高圧ガスが気体の高圧ガスとなる場合

4 冷凍設備とは?

 一般に、「冷凍」とは、大気の温度よりも低い温度にして、物体を冷やすことをいいます。身近な例としては、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫などがあります。
 一定の能力を超える設備には許可、届出の手続きが必要です。

5 特定高圧ガス消費者とは?

  1. 特殊高圧ガス(モノシラン、ホスフィン、アルシン、ジボラン、セレン化水素、モノゲルマン、ジシラン)
  2. 圧縮水素、圧縮天然ガス:300立方メートル以上
  3. 液化酸素、液化アンモニア、液化石油ガス:3,000kg以上
  4. 液化塩素:1,000kg以上

1~4を貯蔵し、消費する

高圧ガス、液化石油ガス、火薬類、電気工事 /保安係へ戻る

このページについてのお問い合わせ

総務部消防保安課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2247
FAX 027-221-0158
E-mail hoanka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。