本文へ
表示モードの切替
印刷

災害から自らの命、家族の命を守るために

一人一人が自分の身を守ること(『自助』)が、最も大切です

 自然災害による被害をできるだけ少なくするためには、自分の身は自分で守る『自助』、地域や近隣の人が互いに協力しあう『共助』、公共機関が行なう『公助』が重要と言われています。その中でも防災・減災の基本は「自助」、一人一人が自分の身の安全を守ることです。災害が発生したときは、第一に、自分が無事であることが最も重要です。

想像を超える災害は県内でも起こりうる

 全国各地で記録的な集中豪雨等の気象状況が散見される今日、県内でも想像を超える災害は起こりえます。
 過去に災害は起きていないから…と考えず、想像を超える災害は起こるものとして、まずは身の安全を守る避難行動をとりましょう。

 水害、土砂災害には早めの避難行動をとりましょう

日頃からハザードマップ等で確認・準備をしておきましょう

  • 日頃から市町村が作成しているハザードマップを見て、河川が氾濫した場合には何m浸水してしまうのか、土砂災害が起こりやすい場所ではないか等、自宅や学校・職場等の場所には、どのような危険があるのか確認しましょう。
  • 市町村が指定している避難場所(災害種別ごとに異なります)を確認し、そこまでの経路や移動手段について計画しておきましょう。

市町村から発令される避難情報について確認しましょう

市町村から発令される避難情報には以下のものがあります。

【(警戒レベル3)避難準備・高齢者等避難開始】

  • 避難に時間を要する方(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)は避難を開始してください。
  • その他の方もいつでも避難ができるよう準備をし、身の危険を感じた場合は避難を開始してください。

【(警戒レベル4)避難勧告】

  • 速やかに避難場所へ避難してください。
  • 地下空間にいる方は、速やかに安全な場所に避難をしましょう。

【(警戒レベル4)避難指示(緊急)】

  • まだ避難をしていない場合は、直ちにその場から避難してください。
    ※外出すら危険と思われる場合は、建物内のより安全と思われる部屋に移動し、命を守る最善を尽くします

【(警戒レベル5)災害発生情報】

  • 既に洪水や土砂災害などの重大な災害が発生している状況です。
  • 命を守るための最善の行動をとってください。

我が家の防災メモ、非常用持ち出し品・備蓄品チェックリストの一例

【家族の連絡先】

家族の連絡先一覧
家族の名前 電話番号 勤務先・学校 勤務先・学校の電話番号
       
       
       

【避難場所】

※指定緊急避難場所は災害種別によって異なります。

避難場所一覧
避難場所 家族が離れ離れになった時の集合場所
   

【非常用の持ち出し品・備蓄品チェックリストの一例】

避難時にすぐに取り出せる非常用持出品の準備

  • 携帯ラジオ
  • 預金通帳、印鑑
  • 現金
  • 懐中電灯、予備の電池
  • ライター
  • ナイフ、缶切り
  • 手袋
  • タオル
  • マスク
  • 医薬品
  • 身分証明書のコピー
  • 下着類
  • 生理用品
  • 水・食料
  • 携帯電話の充電器

復旧までの数日間に必要な非常用備蓄品

  • ラップ
  • トイレットペーパー
  • カセットコンロ
  • 約3日分の水・食料
  • シャンプー、石けん
  • 救急薬品
  • 歯ブラシ
  • 毛布
  • ブルーシート
  • ビニール袋
  • 筆記用具
  • 携帯用トイレ

自分や家族にあったもの

  • 粉ミルク、哺乳瓶
  • おむつ
  • 眼鏡
  • 補聴器
  • 防寒着

防災情報の収集

このページについてのお問い合わせ

総務部危機管理課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2255
FAX 027-221-0158
E-mail kikikanri@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。