本文へ
表示モードの切替
印刷

「警戒レベル」を用いた防災情報の発信について

 平成30年7月豪雨における教訓を踏まえ、洪水、土砂災害、河川の氾濫などの際に、住民が取るべき行動を直感的に理解できるよう、市町村による避難勧告等の避難情報や、気象庁等による気象警報等の防災気象情報が5段階の警戒レベルを用いて伝達されることとなりました。

「警戒レベル」と住民が取るべき行動、避難情報等について

<市町村が防災行政無線などで避難行動を呼びかける際の伝達文例>
 「〇〇地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。〇〇地区の方は、速やかに危険な場所から全員避難を開始してください。」

警戒レベルと住民が取るべき行動、避難情報等一覧
警戒レベル 住民が取るべき行動等 避難情報等
警戒レベル5 命を守る最善の行動
 既に災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をとる。
災害発生情報
(市町村が発令)
警戒レベル4 危険な場所から全員避難
 速やかに避難場所へ避難。
 外に出ることが危険と思われる場合は近くの安全な場所や自宅の2階など、より安全な場所に避難。
避難勧告
避難指示(緊急)
(市町村が発令)
警戒レベル3 危険な場所から高齢者等は避難
 危険な場所にいて避難に時間を要する方(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難。
 その他の人は避難の準備をし、自発的に避難。
避難準備・高齢者等避難開始
(市町村が発令)
警戒レベル2 避難行動の確認
 ハザードマップ等により災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミング等を再度確認し、避難に備える。
洪水注意報
大雨注意報等
(気象庁が発表)
警戒レベル1 災害への心構えを高める
 気象情報等の最新の情報に注意し、災害への心構えを高める。
早期注意情報
(気象庁が発表)
  • 市町村が避難情報と併せて「警戒レベル3」「警戒レベル4」「警戒レベル5」を発令します。
  • 「警戒レベル3」や「警戒レベル4」が発令された地域にお住いの方で危険な場所にいる方は、速やかに避難してください。
  • 「警戒レベル5」は既に洪水や土砂災害などの重大な災害が発生している状況です。命を守る最善の行動をしてください。
  • 公表されている県内市町村の洪水ハザードマップを河川課のページでとりまとめています。(洪水ハザードマップ:河川課

このページについてのお問い合わせ

総務部危機管理課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2255
FAX 027-221-0158
E-mail kikikanri@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。