本文へ
表示モードの切替
印刷

おかあさんに伝えたい情報

 食物アレルギーのしくみについては、まだ、十分には解明されていませんが、最近の研究で次のことがわかってきています。

1 妊娠中や授乳中の食物除去、離乳食の開始時期を遅らせることは、お勧めできません

  1. 「妊娠中や授乳中のおかあさんが、牛乳や卵を避けて食べないこと」が「子どもの食物アレルギー予防」との関連は認められていません。
  2. 「離乳食の開始時期(生後5~6か月頃)に卵や牛乳を食べ始める時期を遅らせること」と「子どもの食物アレルギー予防」との関連も認められていません。

2 乳児期からのスキンケアで、食物アレルギーを予防しましょう

 食物アレルギーの予防は原因となる食品を避けることを中心に考えられていましたが、最近の研究で、原因となる食品が荒れた皮膚に付着し、皮膚から吸収されることによって発症しやすくなることがわかってきました。
 そのため、乳児期から皮膚が荒れないようにスキンケアをすることが、食物アレルギーの発症予防や治療にも大切です。

(参考文献)

  • 食物アレルギー診療ガイドライン2016/日本小児アレルギー学会 食物アレルギー委員会作成
  • ぜんそく予防のためのよくわかる食物アレルギー対応ガイドブック2014/独立行政法人環境再生保全機構発行
  • 食物アレルギーのすべてがわかる本/海老澤元宏監修

知ってる?食物アレルギーに戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2431
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。