本文へ
表示モードの切替
印刷

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

 「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」は、食べただけでは症状を起こさず、食後に運動が加わることによって起こります。多くの場合は、ある特定の食品を摂取後2時間以内に運動を始めて、その後、1時間以内に発症しています。
 初めて発症する年代のピークは10~20歳代で、男性に多い傾向があります。

症状

 皮膚症状(じんましん、赤み、かゆみ)、呼吸器症状(せき、呼吸困難)、消化器症状(おう吐、腹痛、下痢)などの症状が現れ、その半数がショック症状(意識障害、血圧低下)を起こすと言われています。

原因食品

 小麦製品や甲かく類(えび・かに)が多いですが、最近は、くだものや野菜が原因となった報告も増えています。

(参考文献)

  • 食物アレルギー診療ガイドライン2016/日本小児アレルギー学会 食物アレルギー委員会作成
  • ぜんそく予防のためのよくわかる食物アレルギー対応ガイドブック2014/独立行政法人環境再生保全機構発行
  • 食物アレルギーのすべてがわかる本/海老澤元宏監修

知ってる?食物アレルギーに戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2431
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。