本文へ
表示モードの切替
印刷

お弁当づくりの食中毒予防

 食中毒三原則(菌を1.つけない、2.増やさない、3.やっつける)を守って、お弁当を作りましょう!

調理前…清潔(つけない!)

  • 手をよく洗いましょう
  • 調理器具、お弁当箱はきれいに洗いましょう。ふたのパッキン部分は汚れが残りやすいところなので、分解して洗い、消毒しましょう。
  • 洗った後はふせて自然乾燥するか、清潔なふきんでしっかり拭きましょう。

調理…加熱(やっつける!)

  • ハンバーグやから揚げ、加熱の必要な冷凍食品などは中心までよく加熱しましょう。卵焼きもよく火を通しましょう。
  • おにぎりを握るときにはラップなどを使い、直接手で触れないようにしましょう。

詰め合わせ…水気を切る!冷まして詰める(増やさない!)

  • おかずの汁気はよく切ってお弁当箱に詰めましょう。
  • ごはん、おかずはよく冷ましてからフタをしましょう。

食べるまで…涼しいところに!(増やさない!)

  • 涼しいところに保管して、早めに食べましょう。
  • 暑い日や、長い時間持ち歩くときは保冷剤を使いましょう。

食べるとき…清潔(つけない!)

  • 食べる前には、手をきれいに洗いましょう。

ぐんま食の安全・安心インフォメーションに戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2424
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。