本文へ
表示モードの切替
印刷

バーベキューの食中毒予防について

 行楽シーズンになりました。野外でバーベキューなどを楽しむ機会もあるかと思いますが、この時期は、加熱不足のお肉が原因の食中毒が発生します。
 お肉には、O157などの腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラなどの食中毒菌が付着している可能性があります。次のポイントを守ってバーベキューを楽しみましょう。

バーベキューの食中毒予防

バーベキューをする家族の画像

ポイント1 焼くまではお肉を低温に保つ!
菌をできるだけ増やさないように、お肉を焼く直前まで低温で保存しましょう

ポイント2 お肉はしっかり焼く!
病原体は熱に弱いので、中心部までしっかり焼けば死滅します

ポイント3 しっかり手を洗う!
調理する前、肉をさわった後、トイレに行った後、食事の前は、しっかり手を洗いましょう

ポイント4 トングや箸は使い分けよう!
生肉に使ったトングや箸にも病原体が付いています


食品安全情報のトップページへ戻る | ぐんま食の安全・安心インフォメーショントップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2424
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。