本文へ
表示モードの切替
印刷

ハンバーグを作るときに注意すること

ハンバーグを焼いている画像

 お肉には、O157などの腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラなどの食中毒菌が付着している可能性があります。特にひき肉をこねて作るハンバーグなどの料理は、病原体が中心部まで入ってしまう可能性があります。
 多くの病原体は75度で1分間以上加熱をすると死滅させることができますが、ハンバーグは表面は焼けているように見えても中心部まで十分に火が通っていないことがあるので、次のポイントに注意して調理しましょう。

ハンバーグの食中毒予防

ポイント1 ひき肉はビニール袋などを使用してこねる!

 肉に付着している病原体で手を汚さないようにするため、使い捨て手袋やポリ袋を使用して、こねたり形を整えたりしましょう

ポイント2 ハンバーグの中央をへこませる!

 ハンバーグの中心部は火が通りにくいので、形を整えるときに中央をへこませることで、均一に火が通りやすくなります

ポイント3 ふたをして焼く!

 ふたをして焼くとハンバーグの温度が早く上昇し、高温に保ったまま焼くことができます

ポイント4 中心に串を刺して肉汁を確認!

ハンバーグの肉汁の色を確認している画像

 中心部の肉の色が変わり、串を刺した場所から透き通った肉汁が出てきたら、中心部まで火が通り、おいしく安全に食べられます

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2424
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。