本文へ
表示モードの切替
印刷

熱中症予防のための水分補給のポイント(早めに!こまめに!)

いつ飲むの?

のどがかわく前に、早めに(飲む時間を決めておく)

「いつ水を飲むの」画像1

例:

  1. 朝、目ざめたとき
  2. 食事のとき(朝・昼・夕)
  3. おやつのとき
  4. 夜寝る前 など

※睡眠中は無意識にかなりの汗をかくため、目ざめの一杯は大切です!

水分不足が心配なときに(大量に汗をかくとき等)

「いつ水を飲むの」画像2

例:

  1. 暑いところに出かける前後
  2. スポーツの前後
  3. 入浴の前後
  4. 飲酒の後 など

※アルコール類には水分を排せつする作用があるので、飲酒後水分を補給

どのくらい飲むの?

こまめに分けて必要量を補給

コップ1杯の水の画像
1回分はコップ1杯程度でOK

 大量に汗をかいたときは、塩分も補給しましょう
※成人男子が比較的安静にしていたときの水分摂取目安量は1日1.2リットル、1回分150mlずつで、8回分です
※大量に汗をかいたときは、発汗量に見合った水分や塩分が必要です。0.1%~0.2%の塩分を含む水やスポーツドリンクで水分補給しましょう
※一度に大量に飲むと胃に負担をかけたり、排せつされやすくなります
※アルコール類やカフェインを多く含む飲み物は水分を排せつする作用があるので、水分補給には向きません

参考:環境省ホームページ・厚生労働省ホームページ

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2424
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。