本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度ぐんまゼロ宣言住宅促進事業【受付中】

令和3年度ぐんまゼロ宣言住宅促進事業のご案内

ぐんまゼロ宣言住宅

 私たちを取り巻く環境は、気候変動の影響によると考えられる自然災害の増加や、新型感染症などにより日々変化をしています。
 このような中で住宅は、家族と家族生活を包む「プライベート」なものから、仕事や学びの場、あるいは環境貢献の施設としての「パブリック」なものまで、求められる役割が増えつつあります。
 ぐんまゼロ宣言住宅促進事業では、県産木材を使用した住宅において「省エネ性能」の基準を定め、「エネルギー」を創り出し、地域の資源を循環的に利用するサイクルを作ることで、住性能の向上を図りながら、個人生活や環境面において高い効果を発揮する住宅の普及を目指しています。
 ぐんまゼロ宣言住宅の普及は、ぐんま5つのゼロ宣言のうち「温室効果ガス排出量ゼロ」の達成と、林業、木材産業、住宅産業における地域循環経済の形成に貢献します。

令和3年度事業について

 ぐんまゼロ宣言住宅促進事業は、県が計画を認定した「推進グループ」が「ぐんまゼロ宣言住宅」を供給することについて支援します。

1.補助の内容

【供給事業】

 推進グループが、ぐんまゼロ宣言住宅を供給する際の県産木材の使用量に応じて補助を行います。

補助金額 12,500円/立方メートル
【PR事業】

 推進グループが、ぐんまゼロ宣言住宅をPRする経費に対して補助を行います。

補助率 対象経費の1/2(上限30万円)以内

【募集期間】

【受付中】 現在、随時受付中です。先着順審査(枠が埋まり次第終了)

【受付終了】第一回 締切日 令和3年6月18日(金) (林業振興課必着)
【受付終了】第二回 締切日 令和3年6月30日(水) (林業振興課必着)

【応募(受付)状況】(令和3年8月2日時点)

応募グループ数 4グループ
計画供給棟数 142棟
使用予定県産木材量 1,667立方メートル

(注)各数値は計画申請時点(交付決定前)のものも含みます。

【募集枠の残り】(令和3年8月2日時点)

供給事業:県産木材使用量 5,900立方メートル程度
PR事業 :12グループ分程度

2 供給事業の要件

補助事業の実施には、「グループ」として「ぐんまゼロ宣言住宅」の供給を計画する必要があります。

(1)ぐんまゼロ宣言住宅(以下4つの要件すべてを満たす住宅です)

  • 住宅の省エネルギー性能について、国が定める誘導基準以上の性能であること
  • 再生可能エネルギーを利用した、創エネルギー設備(太陽光発電など)を導入していること(原則)
  • 県産木材(ぐんま優良木材※注)を主要構造部に3立方メートル以上使用していること
  • 新たな生活様式に配慮した設計や設備等を講じていること

 (※注 ぐんま優良木材とは、ぐんま優良木材品質認証センターが認証している高品質な群馬県産木材です)

(2)グループ(以下の条件を満たしている必要があります)

  • グループにぐんま優良木材認証工場を1社以上含んでいること(認証工場は、複数グループに参加可能です)
  • 住宅供給事業者を1社以上含んでいること(住宅供給事業者は、複数グループへの参加はできません)
  • 事業年度中にぐんまゼロ宣言住宅を県内に30棟以上(※注)供給する計画をたてていること
  • 群馬県と令和12年度までの「ぐんまゼロ宣言住宅推進協定」を締結すること
    (※注 事業開始年度である令和3年度に限り、実施期間等を考慮して15棟以上とします。)

(3)その他、詳細については、要綱・要領等をご確認ください。

3 PR事業の要件

  1. 供給事業に採択されているグループであること
  2. その他、詳細については、要綱・要領等をご確認ください。

4 補助金交付の手続きや流れについて

 補助金交付の流れや手引きについては下のリンクよりダウンロードしてください。

 物件個別の要件適合確認検査については、ぐんま優良木材品質認証センター(外部リンク)(※注)にお問い合わせ下さい。

 (※注)ぐんまゼロ宣言住宅促進事業要件適合検査委託先

5 その他関係資料

【要綱・要領】


【関係様式】 (Wordファイル)

【関係様式】(Wordファイル)

補助金等の情報ページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

環境森林部森林局林業振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3240
FAX 027-223-0154
E-mail rinshin@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。