本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度農薬危害防止運動の実施について

夏は農薬を使う機会が増えます。県は、6月1日から9月30日まで「農薬危害防止運動」を実施し、農薬の使用などについて注意喚起をしています。農薬は、除草や殺虫、殺菌などに効果を発揮する反面、使い方などを誤ると人や動物の健康、あるいは周辺環境に影響を及ぼすおそれがあります。農薬の使用や保管に当たっては、以下の点に注意し、事故を防ぎましょう。

<農薬の使用や保管に当たっての主な注意点>

使用時の注意点

  • 病害虫の早期発見に努め、定期的に散布するのをやめたり、農薬の使用回数と量を減らす
  • 容器に表示されている使用方法や使用上の注意事項をよく読んで、正しく使う
  • 散布するときは、マスクや保護眼鏡などを着用する
  • 散布する場所の周辺環境に配慮し、事前に近隣の人に、使用目的や日時、農薬の種類などをよく知らせておく
  • 家畜、農作物などに被害を及ぼさないよう、農薬の飛散(ドリフト)に注意する
  • 土壌くん蒸剤の処理期間中は必ずポリエチレンフィルムなどのシートで地表面を被覆する
  • 散布中や散布後に体調が悪くなった場合には、医師の診察を受ける
  • 作業後は体をよく洗い、衣服を着替える。また散布当日の飲酒は控える
  • 使用履歴の記帳を徹底する

保管・管理についての注意点

  • 残った農薬や散布機具を洗った水などを、河川や排水溝などに流さない
  • 空容器はよく水洗いし、適正に処理する
  • 子どもの手の届かない場所に鍵を掛けて保管する
  • 誤用や誤飲、誤食を避けるため、農薬やその希釈液をペットボトル、ガラス瓶など別の容器に移し替えない
  • 農薬が盗難に遭ったり、紛失したりした場合は、すぐに最寄りの警察署に通報する

<関連資料>

令和3年度農薬危害防止ポスターの写真
令和3年度農薬危害防止運動リーフレット
農薬適正使用啓発資料の写真
農薬を適正に使用、保管管理し、危害防止に努めましょう!
農薬適正使用啓発資料の写真
農薬の使用前はラベルを確認し、農薬の使用後は使用履歴を記帳しましょう

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3038
FAX 027-221-8681
E-mail shokubou7@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。