本文へ
表示モードの切替
印刷

施設園芸等燃油価格高騰対策(施設園芸セーフティネット構築事業)の2次募集について【1月16日締切】

令和2年1月9日

施設園芸等燃油価格高騰対策(施設園芸セーフティネット構築事業)の令和元事業年度実施に係る2次事業公募を開始しました。

1 事業目的

 燃油価格高騰緊急対策は、平成24年度補正予算による農林水産省の補助事業です。燃油価格の高騰の影響を受けにくい経営構造への転換を進めるため、「省エネルギー等対策推進計画」を策定し、次の目標に取り組む施設園芸産地に対して、燃油価格高騰に対応したセーフティーネットの構築の支援を行います。

2 加入要件

 3年間で燃油使用量を15%以上削減する計画(省エネルギー推進計画)を作成し、省エネや生産性向上に取り組むこと。

3 事業内容

施設園芸セーフティネット構築事業(補助率:1/2)

 施設園芸農業者の経営に及ぼす影響を緩和するため、農業者と国の拠出(1対1)により資金を造成し、燃油の全国平均価格が発動基準価格を越えた場合に、その差額を補てん金として交付する事業です。

対象油種

 施設園芸に使用するA重油及び灯油

発動基準価格

 重油97.4円/リットル(灯油価格=A重油価格×1.06)

※1 発動基準価格は直近年データを用いて毎年更新される
※2 寒冬の場合には発動基準価格を引き下げる特例あり
※3 燃油価格が急騰した場合には急騰特例措置あり(燃油価格が1年前の11%以上、2年前の22%以上、3年前の33%以上を上回る場合に発動)

4 支援対象者

 野菜、果樹、花きの施設園芸を営む農家3戸以上で構成される農業者団体等、又は、5名以上の常時従業者(原則年間150日以上)がいる施設園芸農家が対象となります。

5 事業の応募手続について

 支援対象者は、群馬県燃油価格高騰緊急対策協議会の『群馬県施設園芸等燃油価格高騰対策業務方法書』に基づき、必要書類を作成して応募してください。
 提出された書類は、県協議会で妥当性を審査し、事業主体である一般社団法人日本施設園芸協会へ県協議会から一括して提出します。

(1)申請書類提出先

支援対象者の所在地を管轄する県農業事務所
(申請書類は農業事務所経由で県協議会へ提出)

(2)提出期限

農業事務所への提出期限:令和2年1月16日(木) 必着

(3)提出書類(提出部数3部:正1部、副(写し)2部)

群馬県燃油価格高騰緊急対策協議会が定める業務方法書に基づき申請してください。
加入要件について、あらかじめ相談・確認の上、申請してください。

6 留意事項

  • 提出期限を過ぎた申請は受け付けられません。
  • 申請書や添付書類等の内容に不足・不備が見られる場合には、申請を受理できませんのでご注意ください。
  • 「省エネルギー生産管理チェックシート」を活用した省エネルギー生産管理の実践に取り組むことは、本事業の参加要件となっています。事業に参加する全ての生産者は、必ず経営する全ての施設において、本チェックシートを作成の上、省エネルギー生産管理を実施してください。

7 業務方法書及び様式

〈業務方法書様式等〉

申請に必要な書類

申請書類作成参考

その他様式

業務方法書 施設園芸セーフティーネット構築事業細則

7 事業の詳細について

本事業の詳細については、以下のサイトでご確認ください。

本事業に関する問い合わせ先

農政部蚕糸園芸課花き係 電話 027-226-3126

補助金等の情報ページへ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部蚕糸園芸課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3126
FAX 027-243-7202
E-mail sanshien@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。