本文へ
表示モードの切替
印刷

令和3年度家畜商講習会【中止】

 令和3年度家畜商講習会は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、中止となりました。次回は令和4年度開催の予定です。

家畜商になるためには家畜商免許を取得する必要があります

 営利の目的をもって家畜(牛、馬、豚、めん羊及び山羊)の取引(売買、交換、そのどちらかのあっせん)を行うためには、都道府県が開催する家畜商講習会を受講して家畜商免許を取得する必要があります。また、営業開始前に営業保証金の供託を行うこととなっています。

 家畜商講習会は、家畜取引の公正を確保するため、新たに家畜商になろうとする者に、家畜取引の業務に必要な知識を習得させることを目的としています。群馬県において家畜商講習会は原則、2年に1回開催しています。

令和3年度群馬県家畜商講習会について

1 開催日

令和3年9月8日(水)~9日(木)

2 時間

午前9時~午後5時

3 会場

群馬県市町村会館 第502研修室(前橋市元総社町335-8)

4 願書配布時期

令和3年6月中旬~8月2日(月)

5 願書配布場所

各農業事務所農業振興課及び家畜保健衛生課、県庁畜産課

6 申込み期間

令和3年7月5日(月)~8月2日(月)
※郵送の場合は、同日消印のあるものまで有効とする。

7 新型コロナウイルス感染症等への対応

 新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、受講対象は県内在住者に限ります。また、急遽の会場変更、講習会を中止する場合があります。中止とした場合、所定の手続きにより、受講手数料の返還を行う予定です。
 また、受講者は講習当日まで感染予防に気を配り、手洗い、手指の消毒、検温等を行うなど体調管理に努め、講習中はマスクの着用をしていただくようお願いします。講習当日までに発熱や咳等が続いている場合には受講をご遠慮いただく場合があります

家畜商免許取得までの流れ

  1. 家畜商講習会受講願書提出
  2. 家畜商講習会受講(修了証明書交付)
  3. 家畜商免許証の交付申請
  4. 営業保証金供託手続き
  5. 供託完了届提出
  6. 家畜商免許証の受理

家畜商講習会の内容

講習科目及び時間

  1. 家畜取引に関する法令 4時間
  2. 家畜の品種及び特徴 4時間
  3. 家畜の悪癖、機能障害及び疾病 6時間

家畜商講習会の受講申請について

申請に必要な書類

  1. 家畜商講習会受講願書(以下からもダウンロードすることができます。)
  2. 証明写真(原則、4センチメートル×3.6センチメートル)
  3. 受講手数料3,200円(群馬県証紙または払込書による)

提出先

 住所地を所管する農業事務所農業振興課へ提出してください。

受付・お問い合わせ先

  • 中部農業事務所農業振興課 電話027-233-2011
  • 西部農業事務所農業振興課 電話027-322-0539
  • 吾妻農業事務所農業振興課 電話0279-75-2311
  • 利根沼田農業事務所農業振興課 電話0278-23-0188
  • 東部農業事務所農業振興課 電話0276-31-3824
  • 群馬県農政部畜産課企画経営係 電話027-226-3103

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部畜産課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3103
FAX 027-223-3095
E-mail chikusanka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。