本文へ
表示モードの切替
印刷

2020年通期(1~12月)工場立地動向調査の結果(確報)について

 経済産業省から「2020年通期工場立地動向調査結果(確報)」が公表されました。
 本県の製造業等(※注)の立地件数は52件で全国第4位、立地面積は51.6ヘクタールで同第6位となりました。
 前年と比較すると、立地件数・面積ともに減少したものの、全国上位を維持しました。
 (※注)「製造業等」は、製造業にガス業、熱供給業、電気業(水力・地熱・太陽光発電所を除く)を加えたものです。

調査結果及び内訳(製造業等)

1 立地件数・面積

立地件数・面積一覧
区分 立地件数 立地面積
2020年通期 52件
(全国4位)
51.6ヘクタール
(全国6位)
2019年通期 59件
(全国4位)
65.4ヘクタール
(全国4位)

2 業種別(上位の主なもの)

業種別(上位の主なもの)一覧
件数(件) 面積(ヘクタール)
金属製品 11 金属製品 11.1
輸送用機械器具 6 輸送用機械器具 6.5
プラスチック製品 4 化学工業 3.5
はん用機械器具 4 プラスチック製品 2.5
化学工業 食料品 1.7
電機機械 3 はん用機械器具 1.6

3 地区別

地区別一覧(単位:件、ヘクタール)
地区名 太田・館林 前橋・伊勢崎 高崎・安中 藤岡・富岡 桐生・みどり 利根・沼田 渋川
件数 17 15 9 4 3 2 2
面積 31.2 8.3 6.4 2.6 1.1 1.3 0.6

4 立地地点別

立地地点別一覧(単位:件、ヘクタール)
  工業団地 工業団地以外
件数 13 39
面積 25 26.6

工場立地動向調査とは

 経済産業省が工場立地法に基づき、製造業、電気業(水力発電所、地熱発電所、太陽光発電所を除く)、ガス業及び熱供給業を営むための工場、または独立した研究所を建設する目的で1,000平方メートル以上の用地を取得したものを対象とする調査(上期1~6月、下期7~12月)。

参考情報

物流施設の立地動向

 県では、「物流施設(大規模な倉庫や物流センター等)」を建設する目的で、一定規模((1)市街化区域:2,000平方メートル以上、(2)市街化区域を除く都市計画区域:5,000平方メートル以上、(3)都市計画区域外の区域:10,000平方メートル以上)の用地を取得した事業者の動向について、独自調査を実施しています。
 2020年通期の県内における立地件数・面積は以下のとおりです。

物流施設立地動向調査 前年比較表
  立地件数 立地面積
2020年 通期 19件 34.3ヘクタール
2019年 通期 19件 18.2ヘクタール

このページについてのお問い合わせ

産業経済部産業政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3317
FAX 027-223-7875
E-mail sangyo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。