本文へ
表示モードの切替
印刷

IoT活用人材育成講座 参加者募集

 デジタル化の進展、ロボットなどの技術革新、人手不足への対応、消費者ニーズの変化など、ものづくりを取り巻く外部環境は、今後大きく変化することが予想されます。
 こうした環境変化に対応するための有効な手段として、IoT・AI技術が注目され、今後は企業の明暗を分けるようなキーテクノロジー(核技術)になると見込まれています。
 そこで、県内中小製造業に自社のIoT導入をけん引できる人材を育成することを目的とし、座学と実習を組み合わせた実践的なIoT人材育成講座を実施します。

開催期間・回数

令和2年11月16日(月)~令和3年2月24日(水) 全6回開催

開催日時

座学講習

令和2年11月16日(月) 13時00分~16時00分

実習(IoTハンズオン)

令和2年11月27日(金) 2時間 *開始時間は別途、個別に御案内予定

個別ワーク

1回目:令和3年1月13日(水) 13時00分~15時30分
2回目:令和3年1月27日(水) 13時00分~15時30分
3回目:令和3年2月10日(水) 13時00分~15時30分

成果発表

令和3年2月24日(水) 13時00分~17時00分

会場

群馬県立群馬産業技術センター 第1研修室、コンピュータ実験室
前橋市亀里町884-1

内容・講師

座学講習

IoTの基礎知識、成功事例を学び、IoTを活用した業務改善と成功ポイントを理解

  • 日本最大のIoT企業「SORACOM」最新IoT事例と、群馬県内IoT事例他を紹介
  • IoTの本質は「課題発見と改善対策」…IoTを活用し業務改善を進める方法を説明

実習(IoTハンズオン)

IoT課題可視化キット~データ収集~可視化と、可視化されたデータ活用方法の学習

  • 中小製造業専用に開発された「IoT可視化キット」を3か月間、貸出
  • IoTキット内容説明(デバイス取付、可視化画面、アプリの操作・利用方法説明)
  • 可視化されたデータから、生産現場…「課題」を読み解くポイントを解説

個別ワーク

参加企業毎に、実在の課題解決の取組みを実践(フォローアップ支援あり)

  • 約3か月間、自社設備にIoTキットを取付け、社内メンバーで個別ワークを実施
  • 1回目(必須):個別ワークの進め方…実際の課題発見と改善対策実践方法を紹介
  • 2回目&3回目(任意):課題発見・改善対策実践、成果発表資料作成をサポート

成果発表

参加企業毎に、1.発見された課題、2.実践した改善対策、3.成果を発表

  • 参加者は、自社で実際に実践することで、即効性のある成果と成功体験を得られる
  • 各社、成果発表(10分程度)。参加者全員の「課題・改善対策ノウハウ」を共有

講師

スマーティエ株式会社 代表 茂原 俊雄 氏
株式会社ソラコム アライアンスマネージャー 二神 敬輔 氏
他、IoTエンジニア(調整中)

対象者

  • IoTを活用して業務改善に取組みたい製造業の方
  • 主体性を持って業務改善を実践する人材育成に取組んでいる製造業の方
    *PCが使える(簡単なExcel利用ができる)方を想定しています。

定員

20社40名(先着順)
IoTハンズオン実習にて使用する設備の関係で、1社2名までとさせて頂きます。

参加費

49,500円(税込) 当参加費で、1社2名まで参加可能
11月16日の座学参加時、スマーティエ(株)より、各企業毎に請求書をお渡し致します。
12月末までに所定口座にお振込下さい。振込手数料は御社御負担でお願いします。
また、お振込明細をもって領収書に代えさせて頂きます。

申込締切

令和2年11月9日(月)

申込・問い合わせ先

群馬県産業経済部地域企業支援課 技術開発係
電話:027-226-3352
FAX:027-221-3191
E-Mail:kigyouka◆pref.gunma.lg.jp(◆を@(半角アットマーク)に変えてください)

申込方法

このページから参加申込書をダウンロードし、E-MailまたはFAXでお申込みください。

主催

群馬県

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

産業経済部地域企業支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3352
FAX 027-221-3191
E-mail kigyouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。