本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県テレワーク実態調査結果について

 県では、県内事業所のテレワークの導入状況や課題に関する調査を実施しました。

1 調査概要

(1) 調査目的

  本調査は、新型コロナウイルス感染症の感染再拡大が懸念され、テレワーク導入の重要性が高まっている状況を踏まえ、県内事業所のテレワークの導入状況やテレワーク導入に向けた課題を把握し、県内事業所のテレワーク導入を推進するための基礎資料を得ることを目的とする。

(2) 調査内容

調査対象

 「業種」「従業員規模」を抽出段階とする層化2段無作為抽出法を用いて抽出した8,000事業所

調査方法

 調査票の配布:郵送
 回答:調査票の返送又はWeb

回収結果

 回収件数2,825件(回収率35.3%)

調査地点・期間

 調査地点:令和2年8月末日時点
 調査期間:令和2年9月7日から10月23日

2 主な調査結果

 県内事業所のテレワーク導入率は11.3%となっている。
 テレワーク導入による効果は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止(85.2%)のほか、勤務者の移動時間の短縮・混雑の回避(38.3%)、勤務者のワーク・ライフ・バランスの向上(26.1%)などとなっている。
 テレワーク導入にあたり苦労したことは、社内規程等のルール整備の検討(35.7%)が最も多い。また、導入して感じた課題は、社内のコミュニケーションに支障がある(40.5%)が最も多い。
 ※詳細はダウンロードファイルをご覧ください。

3 調査結果の詳細(ダウンロード)

(1)主な結果の概要

 群馬県テレワーク実態調査(主な結果の概要)(PDF:1.46MB)

(2)報告書

 群馬県テレワーク実態調査報告書(PDF:4.18MB)

このページについてのお問い合わせ

産業経済部労働政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3404
FAX 027-223-7566
E-mail rouseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。