本文へ
表示モードの切替
印刷

令和2年夏の県民交通安全運動について

1 運動期間

 7月11日(土)~7月20日(月)の10日間

2 運動スローガン

 年間スローガン

 いそいでも 心のブレーキ かけましょう

 サブスローガン

 いってきます わたしもくるまも ルールを守る

3 運動の目的

 広く県民に交通安全思想普及・啓発を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

4 運動重点

(1) 子供と高齢者の交通事故防止

  • 運転者は、横断歩道は歩行者優先であることを再認識し、横断使用とする歩行者がいるときは必ず一時停止して進路を譲りましょう。
  • 運転中のスマートフォン使用等いわゆる「ながら運転」は絶対にやめましょう。
  • 子供は、道路を横断するときは、左右の安全確認を行い、飛び出しや車の直前・直後の横断はしないようにしましょう。
  • 高齢者は、道路を横断するときは、信号機や横断歩道がある場所を横断し、左右の安全を確認しながら横断しましょう。
  • 高齢運転者は、交通安全教室に積極的に参加するとともに、運転適性検査や高齢者講習などで現在の運転技能を理解し、技能に応じた運転を心がけましょう。

(2) 自転車の安全利用の推進

  • 利用者は、自転車は車両であることを再認識し、「自転車安全利用五則」を遵守しましょう。
  • 家庭・学校では、自転車事故の危険性や正しい通行方法などについて話合い、交通ルールの遵守を徹底しましょう。
  • 販売店は、自転車購入者に自転車の定期的な点検・整備や事故に備えた自転車保険の加入の必要性について呼びかけましょう。

(3) 飲酒運転の根絶

  • 運転者は、飲酒運転の危険性や違法性を認識し、「飲酒運転を絶対にしない・させない」という強い意志をもちましょう。
  • 家庭・地域では、飲酒運手による事故の悲惨さと責任の重さ等について話し合いましょう。
  • 飲食店では、来店者には車で来たかどうかを確認し、運転者への酒類提供禁止の徹底と、ハンドルキーパー運動を促進しましょう。

5 参考情報

 群馬県のホームページでは、群馬県内で過去3年に発生した交通死亡事故の場所をお知らせしています。
 群馬県内で発生した死亡事故の場所や時間、事故概要を知り、交通事故の防止に努めましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部道路管理課
〒371-8570前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2388
FAX 027-243-7285
E-mail doukanri@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。