本文へ
表示モードの切替
印刷

河川防災ステーション

河川防災ステーション

水防活動を支援し、災害時の緊急復旧などを迅速に実施するための施設で、常に河川の増水等で破堤した堤防を補修するための土砂や、水の勢いを押さえるためのコンクリートブロックを地中に備蓄してあります。
緊急時には、水防活動や応急復旧などの活動基地として活用し、平常時には河川巡視の中継拠点や河川を軸とした文化活動の場として利用するものです。
群馬県では、境町の広瀬川右岸に平成8年度に広瀬川防災ステーションが整備されました。

広瀬川防災ステーション概要 

広瀬川防災ステーション

全体面積 A=3,400m2
水防作業ヤード A=  600m2
資材等備蓄ヤード A=1,565m2
水防センター A=  160m2
(水防倉庫、会議室、待機所)
その他 A=  475m2


 

資材備蓄状況の画像
資材備蓄状況

このページについてのお問い合わせ

県土整備部河川課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3611
FAX 027-224-1368
E-mail kasenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。