本文へ
表示モードの切替
印刷

がけ崩れとは?

「がけ崩れ」とは、地中にしみ込んだ雨水により、急な斜面が突然くずれ落ちる現象です。
「がけ崩れ」は、地震によって起こることもあり、崩れた土砂は斜面の高さの2倍(または最大50メートル)にあたる距離まで届くと言われています。突然発生するため、死者の割合が高いことも特徴です。

がけ崩れモデルの画像

がけ崩れ発生のしくみ

「がけ崩れ」とは、地中にしみ込んだ雨水により、急な斜面が突然滑り落ちる現象です。また地震によって起こることもあります。

がけ崩れメカニズムの画像

こうした土砂災害から身を守るためには、様々な防災情報を正しく理解し、避難路・避難場所を日頃から確認しておくなどの「日頃の備え」と、異変を感じた時の「早めの避難」が大切です。

このページについてのお問い合わせ

県土整備部砂防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3633
FAX 027-243-1680
E-mail sabouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。