本文へ
表示モードの切替
印刷

八ッ場ダム周辺の地域振興施設

八ッ場ダム周辺の地域振興施設位置

八ッ場ダム周辺 地域振興施設位置のイメージ画像

『道の駅 八ッ場ふるさと館』(長野原町)

 『道の駅八ッ場ふるさと館』は雄大な山々に囲まれた絶好のロケーションのもと、多くの方にゆっくりくつろいでいただける施設です。
 地元の特産品や新鮮な野菜を揃えた農産物市場やレストラン、コンビニも完備。温泉地ならではの足湯でのんびりと旅情気分も楽しめます。
 また、大型駐車場、トイレ、公衆電話は24時間利用可能です。

※ 施設の詳細は道の駅八ッ場ふるさと館ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

道の駅八ッ場ふるさと館の全体写真
道の駅八ッ場ふるさと館内の写真

『クラインガルテンやんば』(長野原町)

『クラインガルテンやんば』の周辺には、吾妻渓谷や王城山などの雄大な自然や、川原湯温泉、草津温泉をはじめとした温泉が点在し、スキー場やゴルフ場など様々な観光施設に恵まれています。
クラインガルテンでの滞在を通して、地域との交流、農業、ガーデニング、周辺の自然環境・景観・観光などを楽しみ、豊かな日々を過ごせる施設となっています。

※ 施設の詳細は「クラインガルテンやんば」(長野原町ホームページ:外部リンク)をご覧ください。

クラインガルテンやんばの全体写真
クラインガルテンやんばの建物写真

『王湯会館』(長野原町)

 川原湯温泉街のシンボルで、男たちが湯をかけ合う伝統行事「湯かけ祭り」の舞台である「王湯」が、川原湯打越代替地に移転しました。新しい『王湯会館』は男湯、女湯それぞれに内湯と露天風呂があり、2階は休憩室になっています。ダム湖を眼下に眺望できます。
 「湯かけ祭り」の会場としても引き継がれ、毎年1月の大寒の日に行われます。

※ 施設の詳細は川原湯温泉協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

王湯会館の全体写真
王湯会館の内部写真

『道の駅 あがつま峡』(東吾妻町)

 『道の駅あがつま峡』には、国指定名勝「吾妻峡」の玄関口に位置し、日帰り温泉施設「天狗の湯」や足湯、直売所「てんぐ」、ドッグラン、遊具を兼ね備えた「公園」があります。
 直売所「てんぐ」では新鮮野菜、こだわり特産品などを販売しており、情報発信コーナーでは道路情報や観光情報を提供しています。

※ 施設の詳細は道の駅あがつま峡ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

道の駅 あがつま峡の全体写真
道の駅 あがつま峡の風景写真

『長野原・草津・六合ステーション』(長野原町)

 『長野原・草津・六合ステーション』は、西吾妻の玄関口である「JR長野原草津口駅」の西隣に位置し、1階には「お食事処」と「お土産処」、2階にはダム視察・各種イベントや休憩に利用できる「多目的スペース」があります。
 大正ロマン風の外観の建物で、地域の観光名所写真や観光パンフレットを設置し、周辺地域の観光情報を提供しています。

※ 施設の詳細は「長野原・草津・六合ステーション」(長野原町ホームページ:外部リンク)をご覧ください。

長野原・草津・六合ステーションの外装写真
長野原・草津・六合ステーション内部の写真

『八ッ場屋内運動場』(長野原町)

 『八ッ場屋内運動場』は町内外の方が天候に左右されずにスポーツを楽しむことができる屋内運動施設です。
 施設内では、テニスコート3面(グラウンドゴルフなら1ラウンド、ゲートボールなら3面)分のスペースが確保されます。
※ 施設の詳細は株式会社丸岩ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

八ッ場屋内運動場外観写真
八ッ場屋内運動場内観写真

『川原湯温泉あそびの基地NOA』(長野原町)

 『川原湯温泉あそびの基地NOA』はJR吾妻線川原湯温泉駅から徒歩1分の場所に整備され、電車でも気軽に立ち寄ることができます。
 建物内では、観光案内所、カフェ、温浴施設、レンタサイクルの貸出を行うほか、湖面側広場では日帰りBBQ、キャンプを楽しむことができます。

※ 施設の詳細は川原湯温泉あそびの基地NOAホームページ(外部リンク)をご覧ください。

あそびの基地NOA 全体写真
あそびの基地NOA 入口写真

『やんば茶屋』(長野原町)

 『やんば茶屋』は八ッ場ダムの管理棟付近に整備され、ダム見学と合わせて気軽に利用できます。
 施設内では、軽食やおみやげ類を販売しており、目の前にダム湖を望みながら食事や買い物を楽しむことができます。

やんば茶屋外観写真
やんば茶屋内部写真

『八ッ場湖(みず)の駅丸岩』(長野原町)

 『八ッ場湖(みず)の駅丸岩』は旧長野原町役場庁舎をモチーフにデザインされた施設です。
 施設内は 地元食材を使用した料理を提供する食堂と、八ッ場あがつま湖面を運航する水陸両用バスの受付事務所が併設されています。
※ 施設の詳細は株式会社丸岩ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

湖の駅丸岩外観写真
湖の駅丸岩内観写真

『やんば天明泥流ミュージアム』(長野原町)

 『やんば天明泥流ミュージアム』は、ダム建設に伴い水没する地域の埋蔵文化財発掘調査で出土した貴重な遺物が展示された施設です。
 施設内では遺物の展示をはじめ、迫力ある映像や模型等で自然災害と当時の生活文化を体感しながら学べるようになっています。
 また、施設に併設された「長野原町立第一小学校旧校舎」では、上毛かるたや郷土資料等を展示しています。
※ 施設の詳細はやんば天明泥流ミュージアムホームページ(外部リンク)をご覧ください。

やんば天明泥流ミュージアムの外観写真
やんば天明泥流ミュージアムの内観写真

『東吾妻町自転車型トロッコ』(東吾妻町)

 『東吾妻町自転車型トロッコ』は、八ッ場ダム建設に伴い廃止となったJR吾妻線旧線路の一部区間(約3.3キロメートル)において、自転車型トロッコを走らせる施設です。
 レールの継ぎ目から伝わる振動やガタンゴトンという音を感じながら、名勝「吾妻峡」の美しい景色を楽しむことができます。

※ 施設の詳細は東吾妻町自転車型トロッコホームページ(外部リンク)をご覧ください。

自転車型トロッコ 風景写真
自転車型トロッコ 乗車写真

『水陸両用バス』/『観光船』(長野原町)※観光船は令和3年秋運航開始予定

 八ッ場ダム建設に伴い新たに誕生したダム湖「八ッ場あがつま湖」では、4月中旬から11月までの期間で水陸両用バスを運航しています。
 観光船は秋からの運航を予定しています。
 湖面上からは四季折々の雄大な自然を眺めることができます。

※ 水陸両用バスの詳細は日本水陸両用車協会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

水陸両用バス 写真
観光船写真

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部河川課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3747
FAX 027-224-1368
E-mail kasenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。