本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県ウェブアクセシビリティガイドライン

1. はじめに

1.1. 本ガイドラインの目的

 「群馬県ウェブアクセシビリティガイドライン」(以下、本ガイドラインという)は、日本工業規格(JIS X 8341-3)を踏まえ、群馬県がウェブサイトにおいて障害者・高齢者の使いやすさに最大限配慮して情報提供を行うため、ウェブページの作成を行う各所属の職員が注意すべき点について、詳しく解説したものです。群馬県ウェブサイトを通じた情報提供のさらなる充実を、本ガイドラインの目的と位置づけます。

1.2. 本ガイドラインの適用範囲

 本ガイドラインは、群馬県ウェブサイト(www.pref.gunma.jp)をはじめ、群馬県が運営するウェブサイト及びウェブシステムを対象とします。

1.3. ウェブアクセシビリティについて

 「ウェブサイトを利用するすべての人が、心身の機能や利用する環境に関係なく、ウェブサイトで提供されている情報やサービスを利用できること」をウェブアクセシビリティといいます。ウェブサイトで提供される情報やサービスが急速に拡大する中、ページの作成方法が原因で、高齢者や障害者などが情報やサービスを適切に利用できないという問題が生じています。ウェブアクセシビリティはそのような問題が生じないように、利用者誰もが等しく情報へアクセスできることに配慮しながら、ページを作成し運営する考え方です。

1.4. 根拠となる規格

 ウェブアクセシビリティに関する国内の標準規格であるJIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス - 第3部:ウェブコンテンツ」(以下、JIS X 8341-3)が平成28年3月に改正され、地方公共団体ウェブサイトはJIS X 8341-3に対応することが求められています。

 本ガイドラインは、JIS X 8341-3に基づきウェブアクセシビリティに配慮したウェブサイトとするための作成の方針を解説しています。また、本ガイドラインにおいて各タイトルの右下に、対応するJIS X 8341-3の項番を記載しています。

1.5. 配慮の対象となる利用者

 本ガイドラインは、群馬県ウェブサイトを訪れるすべての利用者を配慮の対象とします。その中で、特に現時点で利用する際に問題が生じることの多い次の利用者について、できる限りの配慮を行います。

 
  • 視覚障害者
    1. 全盲(目が見えない。音声読み上げソフトの利用者など)
    2. 弱視(極めて見えにくい)
    3. 色覚障害(色の違いが分かりづらい)
  • 聴覚障害者(耳が聞こえない、聞こえにくい)
  • 肢体不自由者(手の動作が不自由でマウスやキーボードを操作することが難しい)
  • その他配慮すべき利用者
    1. 難しい漢字や複雑な文章を理解することが難しい
    2. ウェブサイトの利用に慣れていない
    3. ダイヤルアップ接続など通信速度が速くない環境で利用している

1.6. ガイドラインの見直し

 利用者の閲覧環境の変化、ウェブサイトの制作技術の変化に対応するために、本ガイドラインを年に1回見直すこととします。

2. 情報を見やすくするために

2.1. 文字色と背景色の組合せ、コントラストに配慮する

関連JIS項目:【1.4.3、1.4.6】

  • ページ内のテキストや画像などにおいては、文字の色と背景の色の組合せやコントラスト(明暗の差)に十分配慮し、少なくとも4.5:1のコントラスト比がなければならない。
  • 文字の入った画像などを作成したり、外部業者へページ制作を依頼する際は、文字の色と背景の色の組合せやコントラスト(明暗の差)に十分配慮する。
  • 色の組合せやコントラストに問題がないか、カラー・コントラスト・アナライザー(外部リンク)でチェックを行う。

「文字色と背景色の組合せ、コントラストに配慮する」詳細説明のページへ

2.2. スタイルシートを適切に使用する

関連JIS項目:【1.3.1、1.4.4、1.4.5】

  • レイアウトや文字の大きさ、色などは、原則としてスタイルシートで設定する。
  • スタイルシートオフでもコンテンツ内容が伝わるように、適切なタグと正確な文章構造で記述する。

2.3. 読みやすい文字サイズ、フォント、行間を指定する

関連JIS項目:【1.4.4】

  • 文字サイズ、フォントを指定する場合は、読みやすさを考慮して指定する。
  • 行間は、読みやすさを考慮して指定する。

2.4. 文字サイズは利用者が変更できるようにする

関連JIS項目:【1.4.4、1.4.5、1.4.8、1.4.9】

  • 文字のサイズはemや%などの相対的な単位で指定する。pt(ポイント)やpx(ピクセル)などの絶対的な単位は使用しない。
  • 新規にウェブサイトを作成する場合は、主要なブラウザの機能で文字サイズが変更できることを確認する。

3. 情報を探しやすくするために

3.1. 適切なページタイトルをつける

関連JIS項目:【2.4.2】

  • ページの内容を予測できるページタイトルをつける。また、ほかのページのページタイトルと重複しないように注意する。
  • ユーザーが検索する際のキーワードを含めたタイトルにする。
  • 20文字を目安に簡潔に表現する。

3.2. 共通のナビゲーションの仕組みを用いる

関連JIS項目:【3.2.3、3.2.4】

  • 各ページのヘッダー・フッターを統一する。
  • 各ページにウェブサイトの主要なメニューを配置する。

3.3. 現在位置を把握するための仕組みを用意する

関連JIS項目:【2.4.8】

  • 各ページに、現在位置と上位階層への移動手段を示すナビゲーションを配置する。また、このナビゲーションの先頭のリンクは「トップページ」という表記で統一する。
  • 現在位置と上位階層への移動手段を示すナビゲーションのうち、現在表示しているページの名称には、リンクを指定しない。

3.4. 共通のメニューを読み飛ばす仕組みを用意する

関連JIS項目:【2.4.1】

  • 新たにウェブサイトを作成する際は、各ページの先頭に「共通のメニューを読み飛ばし、ページ内で提供している情報の先頭にジャンプするリンク」を設置する。

3.5. 文書には見出しの種類を適切に使い分ける

関連JIS項目:【1.3.1、2.4.6、2.4.10】

  • ページ作成にあたっては、文書の構造を意識し、ページ内に配置する情報それぞれに対して、HTMLの構造化要素を適切に指定する。
  • 見出しではないところに、文字を大きくしたいなどの理由で見出しを設定しない。

3.6. 箇条書きはHTMLで表現する

関連JIS項目:【1.3.1、2.4.6、2.4.10】

  • 箇条書きは、HTMLのタグを使い「記号付きリスト」「番号付きリスト」で表現する。
  • テキストで「○」「▼」「・」などを行頭へ配置することによって箇条書きを表現しない。

4. ウェブサイト内の移動を快適にするために

4.1. リンク箇所は、識別と選択のしやすさに配慮する

関連JIS項目:【2.4.4、2.4.8、2.4.9】

  • リンクテキストは、リンクしていないテキストと識別しやすくする。
  • リンク画像は小さくしすぎないように設定し、クリックできる画像であることを認識しやすい見映えにする。
  • リンクテキスト及びリンク画像は、適切な間隔を空けて配置する。
  • リンクテキスト及びリンク画像は、リンク部分にマウスカーソルを乗せた時や、キーボード操作によってリンクにフォーカス(選択可能領域)を合わせた時に、色が変わるなどの変化をつけることにより、リンク可能な箇所であることを視覚的に明示する。

4.2. リンクの表現は、リンク先を予測できる内容にする

関連JIS項目:【1.1.1、2.4.4、2.4.9】

  • リンクテキストは、その部分だけを読んでリンク先が予測できる内容にする。
  • 原則として、リンク先のページタイトルを利用することとし、長すぎる場合には要約を記載する。「こちら」などの表現は使用しない。

4.3. ダウンロード可能なファイルの情報を明記する

関連JIS項目:【1.1.1、2.4.4、2.4.9】

  • PDFなどHTML以外のファイルへリンクを設定する場合は、リンクテキストにファイル形式とファイルサイズを明記する。
  • 具体的には、以下の例のように括弧内へアプリケーション名及びファイルサイズを半角で記載する。

【例】

ファイル形式とファイルサイズを明記 イメージ画像

4.4. 群馬県ウェブサイト内のリンクと、外部へのリンクを区別する

関連JIS項目:【1.1.1、2.4.4、2.4.9】

  • 外部ウェブサイトへ移動するリンクでは、利用者がリンクを選択する前に、外部のウェブサイトへ移動することを予測できるようにする。具体的には、リンクテキストの最後に(外部リンク)と記載する。
  • 群馬県関連のウェブサイトであっても、「www.pref.gunma.jp」以外のドメインのウェブサイトは外部リンクとする。

4.5. 原則としてリンクは別ウィンドウで開く設定にしない

関連JIS項目:【2.2.2、2.2.4、3.2.1、3.2.2、3.2.5】

  • リンクは同一のウィンドウ内で遷移するように設定し、新しいウィンドウで開かないこと。
  • 広告ウィンドウの自動表示など、利用者の意図しないポップアップウィンドウは使用しない。

4.6. 横スクロールが発生しないよう、ページ幅などを設定する

関連JIS項目:該当なし

  • ページ作成の際に特別な要件がない場合は、横幅1024ピクセルの画面表示で閲覧した場合でも横スクロールが発生しないように、ページの横幅を設定する。
  • 画像の横幅は700ピクセル以内にする。複数の画像を並列する場合には、横幅の合計を700ピクセル以内にする。

5. 情報の内容を理解できるようにするために

5.1. 読みの難しい言葉に読み方を併記する

関連JIS項目:【3.1.6】

  • 各ページにおいて読みの難しい言葉が初めて出てくる箇所では、読み方を括弧書きで併記する。

5.2. 専門用語、省略語、流行語は多用しない

関連JIS項目: 【3.1.3、3.1.4】

  • 行政用語やその他の専門用語、省略語、流行語などの使用は極力控え、平易な文章を心掛ける(入札情報のページなど、そのページの利用者が限定的であり、かつ使用する用語について一定以上の知識を持っていると想定される場合は、この限りではない)。
  • 各ページにおいて理解が難しいと考えられる言葉が初めて出てくる箇所では、用語の正式名称や意味を括弧書きで併記する。

5.3. 外国語は多用しない

関連JIS項目:【3.1.3】

  • 外国語は多用しない。
  • 各ページにおいて外国語が初めて出てくる箇所で、括弧書きなどで意味や読み方を併記する。

5.4. 図やイラストなどを適宜取り入れる

関連JIS項目:【3.1.5】

  • 図やイラストなどを適宜取り入れ、読みやすい・理解しやすいページを作成する。

5.5. データを表すための表組みを分かりやすく作る

関連JIS項目:【1.3.1】

  • セルが結合された複雑な表は、表を分割することで単純な構成にできないか検討する。
  • 読み上げ順を考慮し、内容が把握しやすい構成とする。
  • 分かりやすい表題を設定する。

5.6. できるだけレイアウトのために表組みを使用しない

関連JIS項目:【1.3.2、2.4.3】

  • できるだけレイアウトのために表組みは使用しない。
  • 表組みの仕組みを使ってレイアウトする場合は、音声読み上げソフトで読んだ場合に意味が通じるように構成する。

「レイアウトのために表組みをしない」詳細説明のページへ

5.7. フレームは原則として使用しない

関連JIS項目:【2.4.1、2.4.2、4.1.2】

  • フレームは原則として使用しない。

5.8. ページの自動更新や自動的な移動は行わない

関連JIS項目:【2.2.2、2.2.4、3.2.1、3.2.2、3.2.5】

  • ページ内容の自動更新(自動再読込み)や自動的な移動は行わない。
  • ウェブサイトのURLを変更する場合は、新しいURLを案内したページを用意する。一定時間で自動的に移動する仕組みにしない。

6. 情報を支障なく読みとれるようにするために

6.1. 規格及び仕様に準拠する

関連JIS項目:【4.1.1】

  • 群馬県ウェブサイトは、原則として以下の技術で作成、更新を行う。
    • HTML…HTML5
    • スタイルシート…CSS3
  • 新たにウェブサイトを構築する場合には、HTMLやスタイルシートといった使用する技術について、どのバージョンやDTD(文書型定義)で作成するかを、事前に検討し決定する。

6.2. 言語コードと文字コードを指定する

関連JIS項目:【3.1.1、3.1.2】

  • html要素のlang属性またはxml:lang属性に、使用している言語を記述する。
  • 文字コードUTF-8で作成する。head要素のmeta要素内に、UTF-8と記述する。

6.3. 機種依存文字は使用しない

関連JIS項目:【3.1.6】

  • 丸数字やローマ数字は、原則として使用しない。
    例)     丸数字の例丸数字の例などの丸数字、ローマ数字の例ローマ数字の例などのローマ数字は1、2などのように算用数字に置き換える。
  • 半角カタカナは使用しない。
  • 旧字体は、原則として使用しない。
  • JIS第1・第2水準以外の漢字は、原則として使用しない。
    • 固有名詞に含まれていて置き換えができない場合は、「高 (はしごだか)」のように漢字の説明を括弧で記載する。

6.4. 音声読み上げソフトで読めない記号は使用しない

関連JIS項目:なし

  • 意味を持つ記号として「※」「○」「▲」「°」などを使うときには他の文字を入れる。
    • 例)
      • ※ → 注、※注
      • ○ → 有
      • ▲ → マイナス
      • ° → 度
  • 長音符としての「-」は正しく読まないため、「ー」に直す。
    例) アップロ-ド → アップロード
  • 位取りのカンマ「,」は半角にする。
    例) 4,728(よん、ななひゃくにじゅうはち) → 4,728(よんせんななひゃくにじゅうはち)
  • 日付は年、月、日で記述する。
    • 例)
      • H20 → 平成20年、平成20年度
      • H22.2.2 → 平成22年2月2日
      • 2/2 → 2月2日
  • 時間は時、分で記述する。
    • 例)
      • 9:00~19:30 → 9時から19時30分
  • 表の中で何もないところに「-」は使わずに「無」と入れるか「ブランク(全角スペース)」にする。半角スペースは読まないため使わないようにする。

6.5. 単語の間にスペースや改行を挿入しない

関連JIS項目:【1.3.2】

  • 単語内の文字と文字との間に、スペース(全角あるいは半角)を入れない。
  • 単語内の文字と文字との間に改行を入れない。
    • 例)
      • 入 札 公 告 → 入札公告
      • 大 澤 正 明 → 大澤 正明 (名字と名前の間は空いていてもよい)

6.6. 画像に適切な代替テキストを用意する

関連JIS項目:【1.1.1】

  • 画像を使用する際は、代替テキストに簡潔な画像の説明を入れる。
  • グラフ、地図、模式図など複雑な内容を示している画像の場合は、画像近くに内容を漏れなく説明する文章や表を掲載する。
    • グラフ:グラフと同じ内容を表にして併載するか、グラフの内容を簡潔に表す文章を掲載する。
    • 地図:目的地の住所や、目的地までの行き方などを文章で掲載する。
    • 模式図など:図の表す内容を文章で掲載する。

6.7. 文字を必要以上に画像化しない

関連JIS項目:【1.3.1、1.4.4、1.4.5、1.4.8、1.4.9】

  • 文字の画像化は必要最低限にする。

6.8.音声で情報を提供する場合は、音声で伝える情報をテキストで用意する

関連JIS項目:【1.1.1、1.2.1、1.4.2】

  • 音声で情報を提供する場合は、音声で伝える情報をテキストで掲載する。
  • テキストの準備が難しい場合は、提供内容に関する問い合わせ先を明記する。

6.9. 動画で情報を提供する場合は、動画で伝える情報をテキストで用意する

関連JIS項目:【1.1.1、1.2.1、1.2.2、1.2.3、1.2.4、1.2.5、1.2.8、1.2.9】

  • 動画で情報を提供する場合は、動画で伝える情報をテキストで掲載する。
  • テキストの準備が難しい場合は、提供内容に関する問い合わせ先を明記する。

6.10. Word、Excel、PowerPoint形式のファイル提供には細心の注意を払う

関連JIS項目:該当なし

  • Word、Excel、PowerPoint形式で作成した内容は、原則としてHTMLのページを作成し提供する。HTMLでの提供が適さない場合や、用意することが難しい場合はPDF形式で提供する。
  • マクロ(プログラム)を組み込んだファイルは、掲載しない。
  • ファイルのプロパティの内容を確認し、作成者の個人名など公開すべきでない情報が残っていないか確認する。

6.11. PDFを使用する場合は作成方法、提供方法に配慮する

関連JIS項目:【1.1.1】

  • PDF形式で情報を提供する場合は、次のとおりとする。
    • PDFを利用できない場合でも内容を把握できるよう、PDFで提供している情報をテキストで掲載する。対応が難しい場合は、提供している内容に関する問い合わせ先を明記する。
    • Acrobatなどの作成ツールは最新版を用いる。標準の設定で「有効」になっているアクセシビリティ配慮に関する設定を、「無効」に変更しない。
    • PDFのファイル容量は原則として1MB以内とし、1MBを超える文書は複数に分割したファイルを併せて提供する。
    • 公開する前に、Acrobatの「文書のプロパティ」の内容を確認し、作成者の個人名など公開すべきでない情報が残っていないか確認する。
    • PDFを提供するページでは、閲覧用ソフトのダウンロードページの案内及びリンクを表示する。

6.12. Flashは原則として使用しない

関連JIS項目【1.1.1、1.2.1】

  • グローバルナビゲーションなどの主たる操作部分にはFlashを使用しない。
  • Flashコンテンツを提供する場合は、以下のとおりとする。
    • Flash コンテンツの中で、イベントの日時や相談窓口の電話番号などの重要な情報を伝える場合には、同等の内容をテキストでも提供する。
    • Flashコンテンツには適切なムービータイトルをつけ、コンテンツ自体のアクセシビリティをできる限り確保する。
    • Flashコンテンツを掲載する場合には、Flash Playerのダウンロードページへのリンクも併せて掲載する。
  • 掲載内容に更新がある場合は、Flash版とHTML版の両者を同時に更新する。

6.13. 色のみに依存した情報は提供しない

関連JIS項目:【1.4.1】

  • 情報の意味や位置づけの違いは、色の違いで表現するだけでなく、文字内容などでも違いが分かるようにする。

「色のみに依存した情報提供はしない」詳細説明のページへ

6.14. 形または位置のみに依存した情報提供はしない

関連JIS項目:【1.3.3】

  • 画像には適切な代替テキストを用意し、画像の形を認識できない場合でも、内容を適切に理解できるようにする。
  • ○×△などの記号だけで情報の内容を伝えることは避ける。どうしても必要な場合は、画像化して配置し適切な代替テキストを用意する。
  • 位置の違いで情報の違いを表したり、操作を指示したりしない。

6.15. 利用者が音声を制御できる仕組みを用意する

関連JIS項目:【1.4.2】

  • 音声による情報提供は、自動再生を行わないことを基本とする。自動再生する場合は次のいずれかの場合に限る。
    • 自動再生が、3秒以内で止まる場合。
    • 利用者が、その音声を一時停止又は停止できるようにしている場合。
    • 利用者が、システム全体の音量レベルに影響を与えず、その音声の音量を調整できるようにしている場合。

6.16. Java Appletは使用しない

関連JIS項目:【該当なし】

  • Java Appletは原則として使用しない。
  • ただし、利用者へのサービス向上などの理由で、使用可否を判断する。

6.17. 低速回線やモバイル機器の利用者に配慮する

関連JIS項目:【該当なし】

  • ページの総容量は、掲載画像などを含めて500KB以下に収まるようにする。
  • PDFなどのダウンロード文書は1ファイル1MB以内となるよう努める。容量が大きいファイルを掲載する場合は、分割したファイルを併せて掲載する。

7. 入力や操作を支障なく行えるようにするために

7.1. キーボードだけですべての操作が行えるようにする

関連JIS項目:【2.1.1、2.1.2、2.1.3、3.2.1、3.2.2】

  • すべての操作をキーボードで行えるようにする。
  • 新規にウェブサイトを作成する場合は、キーボードのTABキーとEnterキーを使って、ウェブサイト内のリンクを利用できること、入力フォームなどを利用できることを確認する。

7.2. 入力フォームは分かりやすく作成する

関連JIS項目:【2.4.6、3.3.2、3.3.5】

  • 入力フォームを用いたページを作成する際には、以下の内容に配慮する。
    • HTMLのタグによる記述で、項目名(ラベル)と入力欄との対応関係を指定する。
    • 入力項目に制約事項(全角/半角、ハイフンの有無など)を設ける場合は、テキストで説明を記載する。

7.3. フォームの入力内容を確認し、取り消しや修正を可能にする

関連JIS項目: 【2.4.6、3.3.1、3.3.2、3.3.5】

  • フォームを作成するときは、利用者が一度入力した内容を確認し、必要に応じて修正してから送信したり、送信を取りやめたりすることができる仕組みを用意する。
  • 入力内容の修正を求める場合には、修正が必要な箇所とその理由をひと目で分かるように表示する。
  • 入力したすべての項目を入力し直すことなく、修正が必要な項目だけを編集できる仕組みを用意する。

7.4. 閲覧、操作や入力に制限時間を設定しない

関連JIS項目:【2.2.1、2.2.3】

  • ウェブサイトの閲覧や操作、入力に制限時間を設定しない。

7.5. JavaScriptを使用する場合は、様々な利用者に配慮する

関連JIS項目:【該当なし】

  • JavaScriptを用いたページの作成を業者へ依頼する際は次の内容を指示する。
    • メニューなど情報やサービスを利用するために必要不可欠な操作部分にJavaScriptを使用する場合は、JavaScriptが機能しない場合でも情報の選択や移動ができるようにする。必要な場合は代替手段を用意する。
    • イベントハンドラを用いる際には、マウスで操作した場合もキーボードで操作した場合も同じ効果が得られるよう、マウスに関する指定とキーボードに関する指定を併せて行う。

8. 危害や苦痛を与えないために

8.1. 画面の点滅は行わない

関連JIS項目:【2.3.1、2.3.2】

  • 画面全体、及び画面の一部を点滅(明滅)させない。

8.2. 表示内容の移動や変化について注意する

関連JIS項目:【2.2.2】

  • 原則として表示されているテキスト、あるいはテキストを含む画像を移動させない。

9. 用語の説明

  • ウェブアクセシビリティ
    ウェブサイトを利用するすべての人が、心身の機能や利用する環境に関係なく、ウェブサイトで提供されている情報やサービスを利用できること。
  • ウェブシステム
    電子申請や施設予約、データベース検索などを、インターネットを通じてブラウザ上で行えるようにするシステムの総称。
  • 音声読み上げソフト
    パソコンの画面に表示されている内容や利用者の操作などを合成音声によって読み上げるソフトウェア。主に視覚に障害のある利用者が使用する。
  • 検索エンジン
    インターネットに公開されている情報を検索する機能を提供するシステムの総称。Yahoo!、Googleといったポータルサイトで提供される検索サービスに使用されたり、ウェブサイト内全文検索機能として特定のウェブサイト内で使用される。
  • コンテンツ
    動画・音声・テキストなどの情報の内容。本ガイドラインではウェブサイト上で提供する情報の内容を指す。
  • 弱視
    眼鏡やコンタクトレンズを用いた場合でも十分な視力を得られない状態のこと。弱視の人の見え方には、像がぼやける、まぶしくて(暗くて)ものがよく 見えない、視野が狭い(または視野の一部が見えにくい)などがあるが、見え方や見えやすい条件にはかなりの個人差がある。
  • スタイルシート
    Cascading Style Sheet。ウェブサイトの文字の大きさや色、文字間や行間、ページのレイアウトなど、見栄えに関するさまざまな設定を行うための仕組み。HTML内に設定を記述する場合と、HTMLとは別の専用ファイルを用意し設定を記述する場合とがある。
  • 代替テキスト
    画像やイメージマップなどの内容を読み取れない利用者のために、画像の内容を説明するテキスト。視覚に障害があり音声読み上げソフトを利用している場合、画像に書かれている内容を目で読むことができないが、音声読み上げソフトが代替テキストの内容を読み上げることで、画像の内容を把握できる。
    検索エンジンがページ内容を把握する際も、画像やイメージの内容は認識されないが、代替テキストを付与しておけば検索の対象になる。
  • タグ
    ウェブサイトを作成する際にHTMLの仕様にしたがって記述する文字列。「 < 」記号と「 > 」記号を用いて構成される。(例:<p>、<h1>、<title>)
  • テキストブラウザ
    ウェブサイトの内容についてテキストのみを表示するブラウザ。画像は表示することができず、画像の代わりに代替テキストの内容が表示される。
  • ドメイン
    インターネット上のコンピュータやネットワークを識別するために付けられている、個別の識別子。群馬県のドメインは「pref.gunma.jp」で、サーバ名を指す「www」などとの組合せによりウェブサイトのアドレスを形成している。
  • ブラウザ
    ウェブサイトを閲覧するソフトウェア。Internet Explorerのほか様々なソフトウェアが利用されている。音声読み上げソフトの中には、ウェブサイト利用専用の音声ブラウザがある。携帯電話には、携帯電話専用のブラウザが装備されている。
  • マクロ
    アプリケーションの操作を自動化するためのプログラム。
  • HTML
    HyperText Markup Languageの略。ウェブサイトを作成するための言語。また、この言語で書かれたファイルをHTMLファイルと呼ぶ。
  • JIS X 8341-3
    平成16年6月に策定され、平成28年3月に改正されたウェブアクセシビリティの確保に関する日本工業規格(JIS規格)。ウェブサイトに関する初めてのJIS規格である。正式名称は、JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス - 第3部:ウェブコンテンツ」。

附則

 「群馬県ウェブアクセシビリティガイドライン」は、平成23年1月14日から施行する。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2171
FAX 027-243-3600
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。