本文へ
表示モードの切替
印刷

グラフぐんま元年6・7月号

グラフぐんまは、県政や県内の話題を、写真を中心に紹介しています。
多くの県民の皆さんに見ていただけるよう、図書館をはじめ、金融機関、理容室・美容室、旅館、飲食店などに置いてあります。
また県内一部書店などでも販売しています。(「グラフぐんま」取扱店舗のページへ
ぜひ、手に取ってご覧ください。

グラフぐんま6-7月号表紙の画像
グラフぐんま6-7月号表紙

かお

県議会議長 狩野 浩志さん

特集

尾瀬に行こう

 尾瀬の季節がやってきた。長い冬が終わり、さまざまな花たちが彩りを添えていく。至仏山や燧ケ岳など雄大な山々に包まれながら、訪れたハイカーは鳥のさえずりや穏やかに流れる沢のせせらぎに癒されていく。尾瀬が初めての人も、しばらく足が遠のいている人も今年は魅惑の大自然に出掛けてみよう。

至仏山とミズバショウの画像
残雪まとう至仏山をバックに映えるミズバショウ
ワタスゲに包まれる尾瀬ケ原の画像
ワタスゲに包まれる尾瀬ケ原
山の鼻小屋で食事しながら談笑するハイカーの画像
山の鼻小屋で食事しながら談笑するハイカー

県政の話題

  • 県植樹祭
     「植樹から 未来に繋(つな)ぐ 緑の輪」をテーマに第73回県植樹祭(県など主催)が5月25日、みどり市東町の富弘美術館で開かれ、参加者約千人がハナモモやキリシマツツジの苗木420本を植樹した。
子どもたちとハナモモを植樹する大澤知事の画像
子どもたちとハナモモを植樹する大澤知事
  • 群馬DC全国宣伝販売促進会議
     来年4~6月に開催される大型観光キャンペーン「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」の誘客を目指して「全国宣伝販売促進会議」(ググっとぐんま観光宣伝推進協議会主催)が5月14日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で開かれた。全国の旅行代理店やメディア関係者ら約600人に県内観光の魅力をPRした。
ぐんま大使の中山秀征さんと井森美幸さんを交え、ステージ上で本県の魅力を発信する東部エリアの関係者の画像
ぐんま大使の中山秀征さんと井森美幸さんを交え、ステージ上で本県の魅力を発信する東部エリアの関係者
  • 世界遺産登録5周年記念式典
     「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録5周年を記念した式典が6月22日、同製糸場で開かれ、関係者が資産の保存と価値を生かした地域づくりに向けて気持ちを新たにした。
  • 第2回定例県議会
     第2回定例県議会が5月15日から6月11日までの28日間にわたり開かれた。176億4224万円を追加し、総額7688億383万円とする本年度一般会計補正予算など、大澤正明知事が提出した12議案と議員及び委員会から発議された2議案が全て可決、承認、同意された。
  • 県議会構成
  • トピックス&スポーツ
  • かわら版
  • ぐんま名山探訪
     烏帽子ヶ岳(東吾妻町)
  • 群馬DC 心にググっとぐんま
     草津温泉スキー場・ジップライン(草津町)
  • ひめラボ旬食キッチン
     エダマメおつまみ3種
  • ぐんま湯けむり浪漫
     磯部温泉(安中市)
磯部温泉の画像
温度の高い新源泉が1996(平成8)年に掘削された(磯部温泉)
  • おさんぽ日和/沼田のちょっといいもの
     沼田・中心市街地エリア
須賀神社の大ケヤキの画像
須賀神社の大ケヤキ
旧沼田貯蓄銀行の画像
旧沼田貯蓄銀行

読者プレゼント

伝統工芸士 小林良雄作の「しょうぎ(約27センチメートル)」を5人にプレゼントします。
応募方法など詳しくは、「グラフぐんま」(上毛新聞社:外部リンク)をご覧ください。

伝統工芸士 小林良雄作のしょうぎ(約27センチメートル)の画像

販売価格

価格 1冊 本体価格360円(税込み)
※次号「グラフぐんま8月号」は、8月10日発行予定です。

「グラフぐんま5月号」のページへ
「グラフぐんま」(上毛新聞社:外部リンク)のバックナンバーはこちらから

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2162
FAX 027-243-3600
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。