本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬の県内総生産(GDP)速報(平成31年4月から6月四半期)

1 県内総生産(GDP)速報の概要

 県内総生産(GDP)の推計は各種統計調査の結果を基に行われるため、確報の公表は年度終了から2年後となります。四半期及び年度速報は、確報公表までの間、公表済みの確報値を統計的な手法を用いて延長することにより作成しています。
 国が公表している「四半期別GDP速報」の群馬県版に相当し、最近の出来事が景気に及ぼした影響や、足下の経済の総合的な動向を把握することができます。

2 公表内容

公表内容一覧
項目 実数(億円) 経済成長率(%)
平成31年
(1月から3月)
平成31年
(4月から6月)
平成31年
(1月から3月)
平成31年
(4月から6月)
県内総生産
(名目)
21,116 21,332 -1.9 1.0
(季節調整値)
(実質)
19,978 20,254 -2.2 1.4

 経済成長率(季節調整済前期比)は実質1.4%(年率5.6%)と、3期ぶりのプラスとなった。
生産面では、製造業の「機械」が9.1%と3期ぶりに大幅なプラスとなり全体をけん引したほか、「卸売・小売業」が2.0%と2期連続、また「保健衛生・社会事業」が0.6%と3期連続で増加し、好調を維持した。また、前期はマイナスだった「農林水産業」が1.2%、「その他のサービス業」が1.0%とそれぞれ2期ぶりに増加に転じた。
一方、製造業で「化学」が-5.0%で2期連続、「金属製品」が-7.7%で4期連続、また「食料品」が-1.0%で2期ぶりにマイナスとなったほか、「建設業」も-1.4%で2期連続のマイナスとなった。
  また支出面では、製造業の好転をうけて「純移出等」が19.2%と3期ぶりに高い伸びを見せたほか、「民間最終消費支出」が0.6%と2期ぶりに増加した。一方、これまで好調を維持してきた「民間住宅」が-5.9%と大きく減少した。

3 次回公表予定

令和2年1月中旬予定

※詳細については、下記外部リンクにアクセスの上ご利用ください。

このページについてのお問い合わせ

企画部統計課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2404
FAX 027-224-9224
E-mail toukeika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。