本文へ
表示モードの切替
印刷

「令和3年度群馬県食品衛生監視指導計画(案)」に関する意見募集結果について

 県では、「令和3年度群馬県食品衛生監視指導計画(案)」について、令和3年1月28日(木)から2月26日(金)までの30日間、インターネット(ぐんま電子申請受付システム)、郵便、ファクシミリ、電子メール、持参により、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。
この度、寄せられた御意見(延べ5件)及びそれに対する県の考え方を下記のとおり取りまとめましたので、公表いたします。
今回、御意見をお寄せいただきました方々の御協力に厚く御礼申し上げるとともに、今後とも、県行政の推進に御協力を賜りますようお願い申し上げます。

政策等の題名及び施行日

「令和3年度群馬県食品衛生監視指導計画」
施行日:令和3年4月1日

意見の提出数

合計1通
(電子メール1通)
(意見の延べ総数5件)

意見の採択により改正した箇所の有・無


(いただいた御意見は、本案において対応可能であることから、採択いたしませんでした。)

提出された意見及び意見に対する考え方

1.監視指導の実施体制に関する事項

【意見】

 保健福祉事務所は、計画(案)に触れられているとおり、諸法令に基づく監視指導、食中毒の予防や対応等に係る重要な役割を担っています。一方で新型コロナウイルスによる感染症対応等で業務が集中していると聞いています。保健所が正常に機能するよう、必要な人員の確保などを計画的に進め、目標に掲げた監視指導を遂行できる体制をつくってください。

【意見に対する考え方】

 御意見として承りました。

2.関係機関との連携に関する事項

【意見】

 食品流通の広域化により、食中毒の発生防止などにあたっては、計画(案)にあるとおり国や他都道府県、中核都市前橋市、高崎市との連携が重要です。テレワーク推進等の中にあっても、連携レベルの低下を招かないよう、工夫した取り組みの推進を要望します。

【意見に対する考え方】

 連携会議の開催方法を工夫するなど、感染症対策にも留意しつつ、本計画に基づき、国、他都道府県、前橋市及び高崎市等と積極的な情報共有に努め、引き続き連携レベルの維持強化を図って参ります。

3.食品関係営業施設等への監視指導に関する事項

【意見】

 食品の安全性確保推進のため、計画(案)の実施は必要なことと考えます。とりわけ、本年6月に完全実施となるHACCPの制度化に伴う対策は重要な課題です。計画(案)の目標を達成するため、体制や予算等の確保についても要望します。

【意見に対する考え方】

 御意見として承りました。

4.情報提供及びリスクコミュニケーションに関する事項

【意見】

 Withコロナ、新しい生活様式のもとでこれまで重ねてきたリスクコミュニケーション企画の実施が大幅に制限を受けている中、引き続き県民消費者、幅広い団体との連携や意見交換を掲げていることに感謝します。より一層工夫を凝らした企画にチャレンジしていくことにより、これからも協力して参ります。

【意見に対する考え方】

 引き続き、関連団体等と連携しつつ、新しい生活様式にも対応したリスクコミュニケーションに努めて参ります。今後とも群馬県のリスクコミュニケーション事業に御協力をお願いいたします。

5.食品等事業者自らが実施する衛生管理に関する事項

【意見】

 HACCPの制度化にあたり、計画(案)にある手引き書を用いての指導、自主検査、原材料の安全性確認等の実施、記録の作成及び保存等、自主的な取組に関する助言・指導を積極的に行ってください。とりわけ、小規模事業者へのきめ細かい指導や援助を要望します。

【意見に対する考え方】

 本計画に基づき、引き続きHACCPに沿った衛生管理に関する助言・指導を行って参ります。小規模事業者に対しては、施設状況に応じ、助言・指導を行って参ります。

県民意見提出制度(パブリック・コメント)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2452
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。