本文へ
表示モードの切替
印刷

災害ボランティア講演会「災害に強い地域は自分たちでつくる」(終了しました。)

平成27年度鬼怒川水害の様子写真
平成27年度鬼怒川水害の様子
茨城NPOセンター・コモンズ 横田能洋講師の写真
茨城NPOセンター・コモンズ 横田能洋講師

令和元年度は県内でも台風により大きな被害があり、ボランティアが活躍しました。災害が起きたときに備え、日頃からのつながりづくりや地域での備えについて、ぜひ一緒に考えてみましょう。

<第1部>

危機管理フェア講演会

日時

 令和2年1月17日(金) 午前10時から午前11時30分

会場

 群馬県庁2階ビジターセンター(前橋市大手町1-1-1)

内容

 2015年の鬼怒川水害において自ら被災しながら被災者支援を行った経験を踏まえ、住民同士、行政、社協、NPO等との連携による被災者支援活動や、次の災害に備えて、地域で行ってきた活動についてお話いただきます。
 横田氏は、鬼怒川水害において、自ら被災しながらもたすけあいセンター「JUNTOS」を設立し、住民の孤立化防止の活動や外国人への支援、地域コミュニティづくり、子供に関する支援、被災者支援団体間の連携・調整・情報共有(ゴミ問題等)など、多様な支援を行いました。

講師

 認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ たすけあいセンター「JUNTOS」
 代表 横田 能洋 氏

対象

 行政(防災、市民活動、災害廃棄物、保健福祉など)、NPO、社会福祉協議会、企業、支援団体(外国人、子ども育成、要配慮者)、自治会の方、個人の方など、どなたでもご参加いただけます。

定員

 120名(座席は当日先着順)

参加費

 無料

主催

 群馬県

その他

 災害ボランティア講演会は、危機管理フェア講演会第1部として実施します。

<第2部>

 日時 令和2年1月17日(金)13時00分~14時30分

  • 演題 「世界一受けたい減災教室~自分の身は自分で守る~」
  • 講師 岐阜大学工学部 社会基盤工学科 教授 高木朗義 氏

<第3部>

 防災気象講演会

  • 日時 令和2年1月17日(金)14時45分~16時15分
  • 演題 「情報で命は守れるか、救えるか~「想定外」への備えを考える~」
  • 講師 株式会社TBSテレビ報道部 福島隆史 氏

申込方法

 別添チラシに必要事項を記載の上、FAXまたはEメールにてお申込みください。
 電話の場合は、所属、住所、電話番号、参加者名、希望講演会をお知らせください。

申し込み・問い合わせ先

群馬県生活文化スポーツ部県民生活課
電話:027-226-2290
FAX:027-221-0300
Eメール:npo@pref.gunma.lg.jp

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活こども部県民生活支援・広聴課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2291
FAX 027-223-2944
E-mail npo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。