本文へ
表示モードの切替
印刷

「第2次群馬県肝炎対策推進計画(案)」 に関する意見の募集結果の反映状況について

平成30年1月26日
群馬県健康福祉部保健予防課

県では、「第2次群馬県肝炎対策推進計画(案)」の策定について原案を作成し平成29年11月28日~平成29年12月27日の間、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。
その結果、いただいた御意見を踏まえ、次のとおり案を修正しました。

意見の採択により修正した箇所
番号 該当項目 変更前 変更後
1 第1章6計画の進行管理 計画に定めた施策の実施状況等について、「群馬県肝炎対策協議会」に報告し、評価・検討を行います。 計画に定めた施策の実施状況等について、毎年度「群馬県肝炎対策協議会」に報告し、評価・検討を行います。
2 第3章1 「総合指標」と「成果指標」

【総合指標】肝及び肝内胆管がん粗死亡率(人口10万対)の15%低下

  • 粗死亡率(人口10万対):22.7(全国22.8)⇒19.3

【成果指標1】B型肝炎ワクチンの定期予防接種率を増加

  • 予防接種率:90%以上へ

【成果指標2】肝炎ウイルス検査受検率を増加

  • 40歳定期検査受検率:約10%⇒15%へ

【成果指標3】肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業による検査費用の助成件数を増加

  • 初回精密及び定期検査助成件数:46件⇒140件へ

【成果指標4】肝炎医療コーディネーターの全市町村及び全保健所への設置

  • 設置市町村数19⇒35 設置保健所数12⇒12

【総合指標】肝及び肝内胆管がん粗死亡率(人口10万対)の15%低下

  • 粗死亡率(人口10万対):22.7(全国22.8)(平成28年)⇒19.3(平成34年)

【成果指標1】B型肝炎ワクチンの定期予防接種率を増加

  • 予防接種率:90%以上へ(平成34年度)

【成果指標2】肝炎ウイルス検査受検率を増加

  • 40歳定期検査受検率:約10%(平成28年度)⇒15%へ(平成34年度)

【成果指標3】肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業による検査費用の助成件数を増加

  • 初回精密及び定期検査助成件数:46件(平成28年度)⇒140件へ(平成34年度)

【成果指標4】肝炎医療コーディネーターの全市町村及び全保健所への設置

  • 設置市町村数19(平成28年度)⇒35(平成34年度)

設置保健所数12(平成28年度)⇒12(平成34年度)

3 第3章
6計画の期間
  • 肝疾患診療連携拠点病院、専門医療機関やかかりつけ医との連携の強化
     肝疾患診療連携拠点病院である群馬大学医学部附属病院を中心に、肝疾患専門医療機関とかかりつけ医等地域の医療機関との連携強化を図ります。
  • 医療従事者向け研修会
     良質な肝炎医療を確保するため、医療従事者向けに研修会を行い、肝疾患診療や医療費助成制度などの最新の情報を提供します。
  • 肝疾患診療連携拠点病院、専門医療機関やかかりつけ医との連携の強化
     肝疾患診療連携拠点病院である群馬大学医学部附属病院を中心に、肝疾患専門医療機関とかかりつけ医等地域の医療機関との連携強化を推進します。肝疾患センター事業の周知と利用の促進を図るとともに、医療従事者向けの研修会において診療連携に必要な情報を提供します。
  • 医療従事者向け研修会
     良質な肝炎医療を確保するため、医療従事者向けに研修会を行い、肝疾患診療や診療連携に関する事項、医療費助成制度などの最新の情報を提供します。

県民意見提出制度(パブリック・コメント)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2608
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。