本文へ
表示モードの切替
印刷

平成26年度群馬県食品衛生監視指導計画(案)」に関する意見募集結果の反映状況について

平成26年3月26日
健康福祉部食品安全局衛生食品課

 県では、「平成26年度群馬県食品衛生監視指導計画(案)」について、平成26年1月31日(木)から3月1日(金)までの30日間、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。
 その結果、いただいた御意見を踏まえ、次のとおり原案を修正しました。

 意見の採用により修正した箇所
項目 変更前 変更後

「第5 食品関係営業施設等への監視指導に関する事項」
3 重点監視事項
(3)食品製造施設における適切な衛生管理の推進

 食品製造業者の不適正な衛生管理等によって、全国的に食の安全の信頼性を揺るがす事案が多発していることから、食品製造施設に立ち入る際には自主管理表の記録・保管の指導等、自主衛生管理の推進を図る。
平成25年12月13日に漬物の衛生規範(昭和56年9月24日付け間食第214号)が改正され、従来の製造方法に加えHACCPによる工程管理が追加されたことから、導入を検討しているつけ物製造業者に対して、適切な助言、指導を行う。
 また、大規模製造施設に対しては、事故が起きた場合の社会的影響が大きいことから重点的な監視指導を実施する。その際は、共通監視指導事項のほか、管理運営要領の作成・履行状況、自主検査の実施状況、期限表示の科学的・合理的根拠に基づく設定の確認等について、HACCPの概念を踏まえて監視指導を行う。
 なお、平成25年度末に発生した、冷凍食品における自主回収事案を踏まえて、食品テロ対策も念頭に置いた自主的な衛生管理について指導を行う。
食品製造業者の不適正な衛生管理等によって、全国的に食の安全の信頼性を揺るがす事案が多発していることから、食品製造施設に立ち入る際には自主管理表の記録・保管の指導等、自主衛生管理の推進を図る。
平成25年12月13日に漬物の衛生規範(昭和56年9月24日付け間食第214号)が改正され、従来の製造方法に加えHACCPによる工程管理が追加されたことから、導入を検討しているつけ物製造業者に対して、適切な助言、指導を行う。
 また、大規模製造施設に対しては、事故が起きた場合の社会的影響が大きいことから重点的な監視指導を実施する。その際は、共通監視指導事項のほか、管理運営要領の作成・履行状況、自主検査の実施状況、期限表示の科学的・合理的根拠に基づく設定の確認等について、HACCPの概念を踏まえて監視指導を行う。
 さらに、平成25年末に発生した、冷凍食品における自主回収事案を踏まえ、食品製造業者がフードディフェンスの問題に対し、どのように対応していくかが課題となることから、県内の食品製造業者がフードディフェンスについての理解を深めることができるよう、情報提供に努める。

県民意見提出制度(パブリック・コメント)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2452
FAX 027-243-3426
E-mail shokuseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。