本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県農業農村振興計画(案)に関する意見募集結果の反映状況について

 県では、群馬県農業農村振興計画(案)について原案を作成し、令和2年12月18日から令和3年1月18日までの32日間、郵便、ファクシミリ、電子メール、持参により、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。  
 その結果、いただいた意見(延べ総数:60件)のうち14件を採択させていただき、原案を修正しました。
 なお、意見募集結果の反映状況は、次のとおりです。

群馬農業農村振興計画(原案)に関する意見募集結果の反映状況一覧
番号   意見の概要 修正前 修正後
5 本県農業・農村の特徴 主語が無い文が見られる。耕地や農村がそれらにも寄与しているということだと思うが、段落も変わっており、はっきりしない。 6 また、水源の涵養、美しい景観の形成や食文化の伝承等にも寄与しています。 さらに、本県の農業・農村は、水源の涵養、美しい景観の形成や食文化の伝承等にも寄与しています。
6 「農業産出額の推移」の表記 農業産出額の表記について、ずっと右肩上がりで増えているのならこの記載でよいが、29、30年は減少しているので丁寧に減少傾向も記載した方が良い。 6 その結果、本県の農業産出額は、平成17年の約2200億円から平成30年には2454億円へと増加しております。 その結果、本県の農業産出額は、平成26年の約2335億円から平成28年度には2,632億円まで増加しております。その後、やや減少に転じているものの、平成30年には2,454億円となっています。
11 「快疎」な空間の表記 快疎な空間の「快疎」は、県庁ではポピュラーな言葉になっているかもしれないが、行政関係者だけでなく農業者や消費者も計画を理解し行動すると考えれば、説明が必要である。 8   【「快疎」な空間の説明文追加】
都市部の「密」状態に対し、地方部の「開放」的で「疎」である「開・疎」な状態に、新たな魅力が加わることにより人々の心をひきつける空間を示す
15 「セーフティネットの推進」の表記 セーフティネットは直訳すれば安全網で、それを整備することを推進するという表現が良いのではないか。 9 農業経営の安定化に向けたセーフティネットの推進 農業経営の安定化に向けたセーフティネット対策の推進
16 ニューノーマルへの対応 「他産業からの労働力の確保・育成や労働力不足の解消に向
けたスマート農業を推進…」
・ニューノーマルへの対応内容ではないのでは?
9 他産業からの労働力の確保・育成や労働力不足の解消に向けたスマート農業を推進していくとともに、 【削除】
17 基本理念 原文では、担い手が自ら確保するような表現となっており、行政等が〇〇して確保できるようにする表現が適切である。 10 意欲ある担い手が安定した所得を確保します。 意欲ある担い手が安定した所得を確保できるよう、担い手が活躍できる環境整備や農業生産基盤を強化します。
18 新・総合計画(ビジョン)の哲学・考え方 「世界最高クラスの魅力を備えた「新・群馬」…」
・まず、現在はどのくらいの位置になのか?
10 世界最高クラスの魅力を備えた「新・群馬」を完成させていきます。 【削除】
19 「始動人」の説明 「「始動人」たる農業者が…」
・「始動人」という言葉は一般的ではない。欄外に説明を記載した方がよいのでは?
11 (説明文なし) 【「始動人」の説明文追加】
自らの頭で未来を考え、他人が目指さない領域で動き出し、生き抜く力を持った人
29 「tsulunos」の表記 「tsulunos」の表記は、説明が必要である。 24 「tsulunos」やデジタルサイネージを活用した動画配信 県庁動画・放送スタジオ「tsulunos」等を活用した動画配信
※巻末の用語説明にて説明文の追加
30 「機能性PRによる認知度向上」の表記 「機能性PRによる認知度向上」とあるが、健康食品としてのこんにゃくの認知度かと思われるが、認知度に修飾語が無いと分かりにくい。 24 こんにゃくの持つ機能性PRによる認知度向上を図ります。 こんにゃくが有する機能性の認知度向上を図り、消費拡大を推進します。
32 「菌床きのこ」の表記 省力化と効率化は重なる部分が多い気がする。
また、高品質化とした方が前の二つが「化」であるため、適していると考える。
25 省力化、効率化や高品質を図ることにより、 効率化・高品質化を図ることにより、
37 「データリテラシー」の表記 「データリテラシー」は、分かりやすい日本語に置き換えはできないか。 29 生産者のデータリテラシーを高め、産地の強化を図ります。 データを活用した栽培・経営管理を推進するこ
とにより、農業経営の安定と産地の強化を図ります。
46 生産農場段階における畜産物の安全性確保 動物用医薬品の適正な取扱は、ヒトの健康に関わる重要なことで賛同するが、安全・安心な畜産物の生産には、家畜生産者が取り組まなければならないことも多々あると思います。その一例として、畜産GAPや農場HACCP等への取組を推進することも必要である。 35   【文章追加】
農場HACCPを推進することにより、生産される畜産物の安全性の確保や生産性の向上を図ります。
49 「群馬県適正管理計画」の表記 群馬県適正管理計画の表記について、計画は一つの計画でなく、シカ、サル等鳥獣ごとに定められていることから、「各鳥獣の適正管理計画」としてはどうか。 39 群馬県適正管理計画(第二種特定鳥獣管理計画)に基づく、「個体群管理」、「被害防除管理」、「生息環境管理」を実施するため、地域における野生鳥獣の生息・出没や被害の状況等、被害対策の立案、効果検証に必要なデータを収集するためのモニタリング調査を行うとともに、事業評価、見直し等を適切に実施し、対策の充実を図ります。 シカをはじめとした各獣種の適正管理計画に基づき、計画的な被害対策を進めます。
野生鳥獣のモニタリング調査を実施し、被害対策の立案を行うとともに、データに基づく科
学的・客観的な効果検証や見直し等を適切に実施することにより、対策の充実を図ります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
E-mail nouseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。