本文へ
表示モードの切替
印刷

「はばたけ群馬・県土整備プラン2018-2027(原案)」に関する意見の募集結果の反映状況について

平成30年2月14 日
県土整備部建設企画課

 「はばたけ群馬・県土整備プラン2018-2027(原案)」について、平成29年12月21日から平成30年1月19日までの30日間、郵便、ファクシミリ、電子メール、持参により、広く県民の皆様から意見の募集を行いました。
 その結果、いただいた御意見を踏まえ、次のとおり案を修正しました。

パブリックコメントを踏まえた「はばたけ群馬・県土整備プラン2018-2027【原案】」の修正箇所
意見の概要 意見に対する考え方
※( )は関連するページ
変更
ページ
該当項目 修正内容
原案 変更後
 都市公園の遊具施設の老朽化とともに老木の点検も実施し事故防止のためリニューアルを検討していただきたい。  公園利用者の安全、安心を確保するため、都市公園内における樹木の適正な管理にも取り組んで参りたいと考えております。
 なお、原案の「都市公園」の取組において、「樹木の適正な管理」と追記します。
82 政策8 
 良好なまち並みと快適な住まいづくり
施策2 
 快適な居住環境づくり
都市公園
 誰でも安全で安心して公園を利用できるよう、公園施設のバリアフリー化を推進します。
都市公園
 誰でも安全で安心して公園を利用できるよう、公園施設や樹木の適正な管理とともに、公園施設のバリアフリー化を推進します。
 県内において道路整備が着実に進んでいるが、道路緑化整備の配慮が少なく感じる。街路樹等の道路の緑化は、公園、河川の緑とともに都市環境の中で防災効果や温暖化対策の重要な役割があり、猛暑時の「木陰」は観光ぐんまにふさわしく、みどり豊かな道路緑化を推進していただきたい。  道路の緑化については、地球温暖化防止や景観形成等の効果があることから、維持管理面も含め、路線・箇所ごとの必要性を検討をした上で、取り組んで参りたいと考えております。
 なお、原案の「低炭素まちづくりの促進」の取組において、「道路緑化」を追記します。
94 政策11
 低炭素・循環型社会づくり
施策1
 地球温暖化対策
自然環境の保全
 グリーンインフラ
 多自然川づくり、県立公園 等
自然環境の保全
グリーンインフラ(多自然川づくり、県立公園、道路緑化 等)

県民意見提出制度(パブリック・コメント)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

県土整備部建設企画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3535
FAX 027-224-1426
E-mail kensetsukika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。