本文へ
表示モードの切替
印刷

お知らせ

個人住民税の寄附金税制が拡充されました

 ※詳しくはこちら(個人住民税の寄附金税制の拡充

令和3年10月1日(金)実施のたばこ税の手持品課税について

 たばこ税関係法令の改正により、製造たばこに係るたばこ税の税率が段階的に引き上げられました。
 これに伴い、令和3年10月1日午前0時現在において、販売用の製造たばこを合計2万本以上所持するたばこ販売業者におかれましては、「手持品課税納税申告書」を令和3年11月1日(月)までに前橋税務署へ提出いただき、令和4年3月31日(木)までに納付いただくことになります。
 たばこ税手持品課税に関するお問い合わせは、前橋税務署(電話027-224-4371(代表))へお願いします。詳しくは、「令和3年10月1日実施のたばこ税の手持品課税について」(国税庁:外部リンク)を御覧ください。

eLTAX(地方税共通納税システム)について

 令和元年10月1日から、地方税共通納税システムが稼働しました。全ての地方公共団体へ自宅や職場のパソコンから一括して電子納税することができます。利用できる税金は、次のとおりです。

  • 法人県民税
  • 法人事業税
  • 特別法人事業税(地方法人特別税)
  • 法人市町村民税
  • 事業所税
  • 個人住民税(特別徴収分・退職所得分)
  • 個人住民税(利子割・配当割・株式等譲渡所得割)

詳しくは、こちらを御覧ください。
共通納税(eLTAXホームページ:外部リンク)

不動産取得税の納税及び軽減制度について

土地や家屋を取得された方には、不動産取得税が課税されます。前橋市内の土地や家屋を取得された方の課税予定時期(納税通知書をお送りする時期)は原則として次のとおりです。

不動産取得税の納税及び軽減制度一覧
課税の時期 取得の時期
6月 前年の7月~12月に土地又は中古家屋を売買、贈与等により取得した場合
9月 前年の1月~12月に家屋を新築・増築した場合
11月 今年の1月~6月に土地又は中古家屋を売買、贈与等により取得した場合

納税は各行政県税事務所のほか、最寄りの金融機関や郵便局、コンビニエンスストア(納税額30万円以下に限る。)で行えます。

なお、一定の要件を満たした住宅を新築又は取得した場合、当該住宅やその敷地の取得に係る税金の軽減制度があります。軽減を受けるためには、該当する各行政県税事務所への申請が必要となります。

※詳しくはこちら(不動産取得税の軽減

不正軽油110番に情報をお寄せください。

不正軽油110番とは?

 不正軽油110番(電話 027-231-2801)は、不正軽油に関する情報提供窓口です。
群馬県では、不正軽油撲滅のために不正軽油110番を設置して、県民の皆様から広く不正軽油に関する情報を集めています。
 なお、情報提供いただいた方の秘密は厳守いたします。

不正軽油とは?

 トラックや建設機械の燃料として使われる軽油には、県の税金である軽油引取税が課せられています。
不正軽油は、この軽油引取税を不正に免れるため、軽油に灯油や重油を混ぜたり、灯油や重油を軽油と称して販売・使用される燃料のことをいいます。言わば、脱税を目的に作られる「偽物の軽油」です。
不正軽油は脱税にとどまらず、排ガス中の有害物質が増えるため私たちの健康に悪影響を及ぼします。
 また、不正な燃料を使用することで車が故障する原因にもなります。

どのようなときに電話をすれば?

次のような場合、不正軽油である可能性がありますので、ぜひお電話ください。

  • トラックなどの車両にポリタンク等から給油している
  • 市価に比べて異常に安い値段で軽油の売り込みがあった
  • 安い軽油を使ったら、エンジンの調子がおかしくなった
  • 軽油の色やにおいがおかしい
  • 排気ガスの色やにおいがおかしい
  • 見慣れないタンクローリーが出入りしている
  • 夜中に油の積み替えを行っているようだ
などなど…

 県民の皆様からのお電話をお待ちしております。

電話をするとどうなるの?

 直ちに調査に着手し、必要な対策を行います。
これまでに「不正軽油を販売している業者がいる」との情報が寄せられ、迅速な調査の結果、違法な売買を止めることができた事例があります。
皆様からの情報は不正軽油撲滅のための大きな力となります。
 ささいな情報で構いませんので、積極的な情報提供をよろしくお願いします。

農業に使用する軽油の課税免除について

 詳しくは、こちらを御覧ください。【TAXホームページ「農業に使用する軽油の課税免除について」へ】

自動車税(種別割)の納税通知書の住所等変更は「ぐんま電子申請」で行うことができます

 ※詳しくはこちら(【県税】自動車税ホームページ「自動車税の住所等変更」へ)

自動車税(種別割)の集合納付制度の御案内

 おおむね40台以上の自動車をお持ちの皆様にご利用いただける制度で、自動車税(種別割)の納付書を自動車の台数分だけでなく、合計金額が集計されている一枚の納付書で一括納税していただけるものです。集合納付制度には様々なメリットがあります。

 ※詳しくはこちら(集合納付制度について

自動車保有関係手続のワンストップサービスについて

 ※詳しくはこちら(TAXホームページ「ワンストップサービス」へ)

税金について楽しく学んでみませんか?

 「税金の仕組みはわかりにくい」「税金に興味が持てない」
 このようなとき、租税教室を活用してみてはいかがでしょうか?
 租税教室は、前橋税務署管内租税教育推進協議会(前橋税務署、前橋行政県税事務所、前橋市、税理士会前橋支部ほか)が、税の意義や役割などを正しく理解してもらうために、授業のお手伝いとして開催しているものです。
 租税教室では、ビデオやクイズを活用して税金について分かり易く解説しています。
 租税教室についてのお問い合わせは、前橋税務署(電話027-224-4376)までお願いします。
 皆様の積極的な御活用をお待ちしております。

中学生の「税についての作文」について

 次代を担う中学生の皆さんが税に関心を持ち、税を正しく理解していただくことを目的として、納税貯蓄組合連合会や国税庁が主体となり、毎年、税についての作文を募集しています。中学生の皆さんの積極的な応募をお待ちしております(令和3年度の募集は終了しました)。
 詳しくは、こちらを御覧ください。【群馬県納税貯蓄組合連合会のページへ(外部リンク)

 令和3年度の応募状況は、次のとおりです。
【作品の応募総数一覧(中学生)】※前橋税務署管内
 応募校数:17校
 応募編数:1,110編

【令和3年度 前橋行政県税事務所長賞】
「日常を守り続けることの大切さ」
前橋市立第一中学校 3年 清水 真依 さん

にせ税務職員に御注意!

 最近、行政県税事務所や税務署の名前を騙って個人情報を聞き出そうとする電話が頻発しています。手口は「○○所の者ですが、税金の還付に必要なので、振込先の金融機関口座を教えてください。」というもので、質問に対する詳しい説明はせず、金融機関口座を聞き出そうとします。私たち行政県税事務所も同様の電話照会をすることがありますが、その際は還付が必要な理由等をはっきり御説明しています。上記の内容で身に覚えがない電話を受けたときは、相手の電話番号を聞いてからかけ直すなど、ご注意ください。

前橋行政県税事務所(県税関係)へ戻る

このページについてのお問い合わせ

前橋行政県税事務所
〒371-8501 前橋市上細井町2142-1
電話 027-234-1800
FAX 027-234-3345
E-mail maegyou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。