本文へ
表示モードの切替
印刷

5月 鉢物カーネーション新規導入支援

要約

県では、重点品目として鉢物カーネーションの振興を図っています。西部管内の2戸の新規栽培者に対し母の日の出荷に向け支援を行いました。

1 ねらいと背景

 鉢物カーネションは母の日向けの商材として重要な品目です。群馬県は全国でも有数の産地で、県の主要振興品目にも位置づけられています。主に東部や中部、利根沼田地域を中心に栽培されており、西部地域の生産は少なく新規有望品目とし導入支援を図っています。

2 取り組み内容

 管内で2戸の生産者が新たに鉢物カーネーション栽培に取り組んでおり、JAや種苗会社、関係機関と連携し、安定出荷に向けて支援を行ってきました。
 具体的な取り組み内容としては、各ほ場を巡回する現地検討会を定期的に開催し、温度管理や病害虫防除などの作業ポイントについて継続的な指導を実施しました。
 また、カーネーションは母の日に合わせて開花させることが最も重要であるため、ハウス内の温度を調査し、開花調整の目安となるデータとして情報提供しました。
 今年は気温の変動が激しく、開花調整が難しい年でしたが、4月下旬から順調に開花し、約2000鉢のカーネーションが無事出荷されました。生産者からは「母の日商材として次年度も検討していきたい」と前向きな意見が聞かれています。

3 今後の方向

 今後も生産安定に向けた支援を継続し、栽培体系を確立させていくとともに、新たな栽培希望者も増やしていく予定です。

現地検討会の様子写真1
写真1 現地検討会の様子
出荷直前のカーネーションの様子写真2
写真2 出荷直前のカーネーションの様子

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。