本文へ
表示モードの切替
印刷

8月 水稲中期講習会の開催

要約

7月中旬~8月上旬にかけて、管内のJAにおいて水稲中期栽培講習会を開催し、今年度の気象経過や発生が懸念される病害虫の防除等について説明を行いました。

1 ねらいと背景

 今年産水稲の生育は、6,7月期の曇雨天により平年よりやや遅れており、中干しが平年より遅くなっている地域もあります。そこで、今後の気象経過にあわせた栽培管理や、発生が懸念される病害虫の防除等について講習会で周知しました。

2 取り組み内容

 7月12、22、23日にJAたかさき、8月1日にJAはぐくみで中期栽培講習会を開催し、延べ220名が参加しました。今年は生育が遅れているため、中干し、追肥は生育状況にあわせて行うよう指導しました。また、穂ばらみ期~出穂後の水管理は、気象に合わせて、高温時、異常低温時それぞれの対策を説明し、品質低下を防ぐよう周知しました。その他、近年増えている難防除雑草の対策や、今後の天候によって発生が拡大する可能性があるいもち病、イネ稲こうじ病、紋枯病の防除について説明しました。
生産者からは、例年になく寒い7月で冷害や病害の発生が心配との声が聞かれました。7月下旬以降気温は上昇しているものの、本田をよく観察し、気象に合わせた管理と病害発生初期の早めの防除を心がけて頂くよう注意を呼びかけました。

3 今後の方向

 今後は、巡回や情報提供を通じて適期収穫指導を行うほか、関係機関と連携し、気象に対応した栽培管理を支援していきます。

JAたかさき講習会写真1
写真1 JAたかさき講習会
JAはぐくみ講習会写真2
写真2 JAはぐくみ講習会

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。