本文へ
表示モードの切替
印刷

8月 西部地域シクラメン現地検討会の開催!

要約

管内8戸のシクラメン生産者を対象に、現地検討会を開催しました。シクラメン生産状況の確認と合わせて、今年の気象経過と今後の栽培管理について説明を行いました。

1 ねらいと背景

 シクラメン栽培では、変化する気候や市場動向に柔軟に対応しながら、出荷先の要望にあったボリュームに仕上げていくことが必要です。特に、梅雨から高温期にかけての管理は毎年の気象条件によって異なり、シクラメンの品質と開花時期に大きく影響します。普及指導課では、栄養診断技術に基づいた管理指導と合わせて、栽培の改善に向けた支援を行っています。

2 取り組み内容

 西部管内には8戸のシクラメン生産者がおり、うち4戸の生産者が栄養診断に取組、4月から定期的な巡回や診断結果の共有を行っています。7月11日には各圃場の生育状況の確認や生産者同士の情報交換を目的に、現地検討会を開催しました。生産者の間で、生育状況や肥培管理、病害虫防除に関する情報交換が活発に行われました。

3 今後の方向

 定期的な巡回指導と栄養診断結果の共有、処方箋アドバイスを継続して行い、高品質で消費者に好まれるシクラメン生産を目指します。

現地検討会の様子写真1
写真1 現地検討会の様子
シクラメンの様子(7/11撮影)写真2
写真2 シクラメンの様子(7/11撮影)

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。