本文へ
表示モードの切替
印刷

9月 はるなの梨産地活性化の取り組み

要約

榛名湖畔で「第30回はるなの梨まつり」が開催されました。普及指導課では令和2年に迎える「はるなの梨150周年」をPRするとともに、梨まつりの新イベント「梨の食べくらべ大会」実施を支援しました。

1 ねらいと背景

 本県を代表するナシ産地である高崎市榛名地区で、ナシの宣伝と消費拡大を目的に「第30回はるなの梨まつり」が開催されました。普及指導課では令和2年に迎える「はるなの梨150周年」について、のぼり旗、チラシ等を作成するとともに、農業者、関係機関にPR協力を働きかけてきました。

2 取り組み内

 8月25日(日)に榛名湖畔の榛名ロッジ前にて、「第30回はるなの梨まつり」が開催されました。ナシの皮むき大会、ナシ無料配布やジャンケン大会など大勢の人で賑わいました。普及指導課ではのぼり旗の設置、チラシ、エコバッグを配布し、「はるなの梨150周年」を来場者にPRしました。新イベント「梨の食べくらべ大会」では、はるなの梨の歴史を来場者に説明し、食べくらべ用の品種「なつひかり」「秀玉」「秀水」の準備など、イベントの企画、実施について支援しました。また、榛名地域のナシ栽培や就農について来場者に説明する「就農相談コーナー」を本年も設置しました。

3 今後の方向

 関係機関と連携し、高崎市農業祭り、ジャンボ梨コンテスト等、はるなの梨に係わるイベントを通じ、令和2年「はるなの梨150周年」PRを継続します。

作製したのぼり旗とエコバッグ写真1
写真1 作製したのぼり旗とエコバッグ
梨の食べくらべ大会写真2
写真2 梨の食べくらべ大会

このページについてのお問い合わせ

西部農業事務所普及指導課
〒370-0805 高崎市台町4-3
電話 027-321-3600
FAX 027-321-3606
E-mail seibunou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。